fbpx
HOME / COLUMN / 猫の「春ストレス」に注意!季節の変わり目...

COLUMNコラム

CAT

2021.03.19

猫の「春ストレス」に注意!季節の変わり目に体調を崩す?原因と症状まとめ

環境や気候など何かと変化が多い春。ゆえに「春はなんとなく憂鬱」と言う人も多いですが、実は猫も春にストレスを抱えることがあるんです!
今回はそんな猫の春ストレスと呼ばれる症状についてご紹介していきます。
季節の変わり目になると猫がよく寝ている、元気がなさそうなど思い当たることがあれば、ぜひ記事をチェックしてください。大切な猫が心身ともに健やかに過ごせるように、飼い主さんは原因をチェックして対策してあげましょう。

猫の「春ストレス」とは?

ソファの下に隠れる猫

「犬は人につき、猫は家につく」という言葉をご存知でしょうか?
「犬は飼い主に従い、猫は住み慣れた場所を大切にする」といった意味をあらわすことわざですが、このことわざ通り猫は自分の居場所をとても大切にする動物です。
そのため、環境の変化は苦手。
春ストレスというのは、言葉通り変化が多い春に感じるストレスのことを指します。

  • 気持ちが落ち着かなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 普段とは違った行動をする
  • 身を隠すようになる
  • 元気がなくなる
  • 粗相をする
  • 攻撃的になる
  • 脱毛、一部分ハゲてしまう

などという症状があらわれると言われています。
飼い主さんは春だけではなく、季節の変わり目に猫に不調があらわれていないかチェックしてあげましょう。

春ストレスの原因

キャットタワーで遊ぶ猫

ストレス原因①:気温の変化

春は昼と夜での寒暖差が大きく、日ごとに気温が上下しやすい時期です。
自分で体温調節をすることが得意ではない猫は、この寒暖差や気圧の変化がストレスになります。
エアコンや加湿器などを利用して、生活環境を整えてあげましょう。

またストレスや体の冷えにより免疫力が低下し、猫カゼをひいてしまうこともあります。
春ストレスの症状の他にも、鼻水やくしゃみなどといった症状がある場合はかかりつけの動物病院で診てもらうことをおすすめします。

■こちらの記事もよく読まれています■
猫が寒がっている時にやる仕草4つ!震えている時には要注意?

ストレス原因②:発情期によるストレス

猫は1年の内に2〜3回発情期を迎えます。
個体差はありますが、中でも春や夏にかけて発情のピークを迎えることが多く、交尾相手のいない猫にとって心身ともにストレスが溜まる時期でもあります。

去勢手術・避妊手術をした猫ちゃんでも、発情期中の野良猫の大きな声を聞いてストレスを抱えることもあります。
野良猫が家に近づくと「自分の縄張りに入ってこられた!」と不安になる子もいるので、愛猫が安心できる環境作りも大切です。

ストレス原因③:飼い主の生活環境の変化

春は新しい環境に移ることが多く、飼い主さんにとっても変化の季節かと思います。それにより生活リズムが変化する・引っ越すといった環境の変化があるかもしれません。
変化を好まない猫は、こういった環境の変化にストレスを感じることがあります。

お部屋の模様替えでさえも、「変わった!」と思ってストレスを感じてしまう猫ちゃんもいるので、変化の多い時期には猫の様子をよくチェックしてあげましょう。

ストレス原因④:ノミやダニによるかゆみ

春になり暖かくなると、ノミやダニなどが活発に動き始めます。
寄生されるとかゆみを引き起こし、皮膚炎になる可能性も。
またそれだけではなく、感染症の発症や他の病気のきっかけにもなりかねません。
かゆみのストレスを軽減させるためにも、健康を守ためにも、定期的にノミやダニの予防は行うようにしましょう。

ストレスを溜めさせないために

寝転ぶ猫

ストレスを溜めさせないためには、猫のために環境を整えてあげることが大切です。
日によって温度や湿度を調節して、猫が快適に過ごせるようにしてあげましょう。
また、清潔な状態を保つことでノミやダニの発生を減らすことも出来ますので。まず快適な環境作りから意識してみてください。

発情期によるストレスが原因であれば、気分をまぎらわすためにたくさん遊んであげることもおすすめ。
発情期になると爪とぎをいつも以上にしたがる猫ちゃんもいますので、爪とぎが出来る場所を増やすなどをして、欲求を満たしてあげるようにしましょう。

猫の心の健康を考えてあげよう

個体差はありますが、猫はデリケートな子が多いです。
季節の変わり目など否応なく変化が多い時期には、猫のことを考えて行動してあげるようにしましょう。
猫と一緒に暮らす中では注意しておかなければいけないことも多いですが、それ以上に猫は幸せや喜びを運んでくれる存在です。猫の気持ちに寄り添って、出来るだけストレスを減らしてあげてくださいね。

LATEST POST

最新記事

NEW

2021.04.09

外出しないうさぎにも必要!うさぎのノミ・ダニ予防法

暖かくなりノミやダニが活発になる季節になりました。ノミやダニに寄生されてしまうと、痒みにより皮膚炎を起こしたり、身体を舐めることが増えうっ滞の症状が現れることがあります。お外に出ないうさぎも、ノミやダニが寄生してしまう可能性があります。大事なうさぎさんと安心して暮らすために、しっかり対策しましょう。 ノミやダニってどこからくるの? ノミやダニはヤブや草むらにいることがあり、うさんぽのために外に出るとそこで寄生されることがあります。また、すでに感染している動物と接触することにより寄生されることもあります。一度も外に出していないうさぎでも、生まれた時に親や兄弟と一緒に暮らしていたことにより、潜在的に寄生されており、体力や免疫力の低下により繁殖することもあります。 ノミやダニが寄生した時の症状 健康なうさぎではあまり症状が見られませんが、上手くグルーミングできないうさぎや、免疫力が低下している場合は下記のような症状が現れます。・体を掻くようになる・毛が抜ける・白っぽいフケが出る・皮膚が赤っぽくなるノミは尻尾の付け根から背中や首筋などに、ダニは皮膚が薄い頭や耳、目や口の回りなどに多く寄生します。うさぎが痒がっていないか、毛が抜けていないかなど普段から注意深く観察してあげましょう。 ノミやダニの予防方法 ①うさぎ用の虫除けスプレー使う うさんぽに出かける前にうさぎに使用したり、ケージにも使用できるタイプのものでしたらお掃除後のケージに使用するのもおすすめです。また、防虫効果のあるおもちゃを置いておくのも効果が期待できます。 ②グルーミングをしっかりとする うさんぽの後はノミやダニが付いてきてしまっている可能性がありますので、しっかりとグルーミングをしてあげましょう。体が汚れていたら、ブラッシングの他に濡れた布などで汚れを拭いて清潔に保ってあげてください。また、飼う主さんも服を着替えてできればシャワーを浴びてから、お部屋に入るようにしましょう。 ③こまめに掃除を行う 風通しをよくして隅々まできれいにしてあげましょう。ケージ内に落ちている牧草は抜け毛がついており、ノミやダニがいる可能性があるので、ペットシーツごとまとめて捨ててしまいましょう。また、ケージ周りだけではなく室内自体もしっかりと掃除することも重要です。 規則正しい生活を送るのが大切 もしもうさぎが痒がっていたり、白っぽいフケが出るようであれば、すぐに獣医師に診てもらいましょう。体力や免疫力を下げないためには、規則正しい生活を送ることが大切です。ごはんや遊ぶ時間を決めて、なるべく毎日同じような時間の流れで過ごさせてあげてくださいね。

NEW,DOG

2021.04.08

犬のトイレトレーニング方法!覚えない時はちょっとしたコツでしつけよう。

トイレのしつけは犬を飼い始めた人がぶつかる壁の1つ。「いつまで経っても覚えてくれない」「位置は分かってるはずなのに、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまう…」。そんな困った状況から抜けだすべく、今回はしつけの基本トイレトレーニングのコツをご紹介していきます! ステップ1:トイレの場所を決める はじめはトイレの場所決めです。トイレトレーにペットシーツをひいて「ここがトイレ」だと覚えさせましょう。 他の場所と差別化するために、ケージの中や囲いがある場所がおすすめ。一度場所を決めたら頻繁に動かさないでください。犬が「どこだ?」と混乱してしまう可能性があります。 ステップ2:タイミングを把握して見守る おしっこをするタイミングを探がして、その前にトイレに連れて行ってあげましょう。排泄をするまで見守ってあげて、トイレの上で排泄できるように飼い主さんが導いてあげるのがポイントです。 目を覚ました時水を飲んだ後ごはんを食べたあと散歩の後飼い主さんが眠る前 など、上記のようなタイミングで排泄をしやすいのでチェックしておきましょう。もちろん個体差があるので、おうちのわんちゃんのおしっこタイミングを見極めて、見守ってあげるようにしてくださいね。 突然落ち着きがなくなったり、くるくると部屋の中をまわっている時は、排泄をしたいサインかもしれません。トイレのある場所へ連れていってあげましょう。 ステップ3:成功したらたくさん褒める! トイレが成功したら、大げさなくらい褒めてあげましょう!高く優しい声で「すごいね」「いい子だね」と言ってあげてください。その際におやつを与えるのも効果的です。「トイレでおしっこをしたらいいことがあるんだ」とわんちゃんに覚えさせてあげましょう。 ステップ1〜3を何度も繰り返していけば、徐々にトイレをマスターできるはず。根気よく繰り返し教えてあげましょう。 失敗してしまったら… 最初は、成功よりも失敗の方が多いでしょう。布団やカーペットなど汚されたくない場所に排泄されてしまい、愛犬にイラッとすることもあるかもしれません。しかしそんな時は叱らずに、ささっと排泄物を片付けてあげましょう。 怒ってしまうと、「おしっこをしたら怒られる」と認識してしまい、今後飼い主さんに隠れて排泄をするようになってしまう可能性もあります。失敗するとやるせない気持ちになりますが、無言で片付けてあげましょう。 匂いがついている場所をトイレだと認識してしまうこともありますので、おしっこがついてしまったところは匂いが残らないように掃除してください。洗濯が難しい場所もあるかもしれないので、消臭スプレーを用いることもおすすめです。 みんな悩んで、少しずつできるようになってます! 犬によって個体差があるので、覚えるスピードにも差が生じます。ですので、「何ヶ月までにできなくちゃ」「何歳までにしつけなくちゃ」と自分も愛犬も追い込まずに、根気強くしつけてあげてくださいね。気にしすぎたらノイローゼのようになってしまって、愛犬が粗相をしてしまうたび怒って、自身も落ち込んで、悪循環になることもあります。成功をしたら犬と一緒に喜んで、楽しみながらもしつけをできるように頑張りましょう!飼い主さんが喜んでいるところを見れば、愛犬はきっと応えてくれるはずですよ。

NEW,CAT

2021.04.07

油断は大敵!愛猫きなこが迷子になってしまった時の話/もちもちブラザーズコラム

こんにちは。11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーのmochi_ryokoです。四季折々たくさんの景色が楽しめますが、「愛猫と一緒に季節を感じたい!」と思ったことはありませんか?というのも、私は大の桜好き!春には毎年愛猫を連れてお花見に出かけるのですが…今回はその時に起こった「迷子事件」についてお話していきたいと思います。私の体験が参考になれば嬉しいです。 愛猫・きなことお花見へ 2020年4月、東京では緊急事態宣言が最初に出される少し前のお話です。山口県にある自宅近くの川沿いにはたくさんの桜が植えられており、人も少ないので猫を連れて行くには絶好のお花見スポット。毎年、きなこやよもぎを連れてお花見にでかけています。(おはぎは超のつく怖がりなので連れて行っていません。) 昨年も、いつもと同じようにきなこを連れてお花見にでかけました。平日の昼間ということもあり、人は全くいなかったので、リードを付けたきなこを散歩させたり、写真を撮ったりと楽しく過ごしました。 時間にして15分から20分程度。そろそろ帰ろうかというとき、きなこがリュックに入りたがらず、そのまま抱っこして歩きはじめました。家まで2,3分の距離で、人や車も少ない場所なので、しっかりと抱っこをしているので大丈夫だと思っていました。 しかし、突如! まさに家の塀のすぐ横でそれは起こりました...。お隣の家の男の子(知り合い)に会って、話そうと近づいた時、腕の中のきなこが飛び上がったのです。私の腕から暴れて地面に降り、逃げようと必死に暴れています。 でも、私はリードをしっかりと握っていました。きなこのしていたハーネスはかなりしっかりした作りで、洋服のように着た上から更にバックルで留める形、しかも少し小さめだったので、外れることはないと思っていました。 しかし、パニックになって暴れているうちに外れて...きなこは家の前を猛ダッシュで走って、隣の家の奥まで逃げて行ってしまったのです。一瞬の出来事でした。すぐに走って追いかけるも、きなこの姿はどこにもありません。「どうしよう」「どうしよう」ただただパニックになりました。 きなこ大捜索 そこから、きなこの大捜索が始まりました。話しかけようとした中学生の男の子兄弟と、一緒に遊んでいた友達たちも捜索に加わってくれ、住宅地の中を捜索します。幸いにも付近は住宅地。隠れる場所はたくさんあります。 道路に飛び出さず、住宅地に逃げ込んだのが唯一の救いでした。脱走した時はとにかく近くを探すようにテレビで言っていたのを思い出し、付近の住宅地の軒下や植木の側、溝など近所を探していきます。 「きなこがいなくなったらどうしよう。」「車に轢かれたらどうしよう。」もし、もう会えなくなったら...どうしてあの時ちゃんとキャリーに入れなかったのか、どうして男の子に話しかけてしまったのか、どうしてきなこは大丈夫だと思ったのか、後悔でぐちゃぐちゃになりながら走りました。 どれくらい時間が経過したのかわかりません。多分、そんなに長い時間ではなかったとおもいます。でもその短い時間が永遠に感じられるほど長く長く感じました... そこへきなこが! 近所という近所を5人で走り回って探しましたが、きなこの姿はありません。もう少し遠くまで行ってみよう、と公民館へ向かっていた時、なんと目の前にきなこの姿が!よく目立つクリーム色の毛並みが草むらの中を歩いていたのです!! 私は叫びそうになる気持ちを抑えて、小さな声で「きなこ」と呼び近づきました…けれどもすぐにきなこは逃げてしまいました。よく、猫は外で飼い主に会ってもわからないという話を聞きますよね。まさにそれで、「ママー!」と駆け寄ってくることはなく...。 でも、やっぱりこのあたりにきなこがいるということがわかったので、すぐに助けを呼びに戻ります。子供たちに援軍を要請しました。しかし、さっきの草むらにはもちろんきなこはいない。近くを走り回ること数分...「いた!!!黄色い猫!!」子供の一人が叫びました。すぐさま、駆け寄ります。なんときなこがいたその場所は、我が家の2軒隣の工事会社のドラム缶とドラム缶の間!大人の私は見もせず通り過ぎた場所でした。 無事に捕獲! 幸いきなこはそのドラム缶の隙間におとなしく隠れていました。私と目があってもこっちには来てくれず、どんどん奥に逃げていきます。ドラム缶は4列2段くらいに積み上がっていて、何かが入っていてとても重い...動かすのは無理...。子どもたちはアスレチックで遊ぶようにドラム缶を登り、きなこを私の方へと誘導します。 そこで苦戦すること30分。ついにその時はやってきました。「お姉さん!すぐ手の届くとこに猫がいます!」私の方からは見えないけれど、ドラム缶の隙間のすぐ近くにきなこがいるというのです。私は手を伸ばします。男の子が「もうちょっと右!すぐそこ!」と、手がふわふわの物体に触れました、しっぽです。私はとっさにきなこのしっぽを掴んで引きずり出しました。普段なら猫のしっぽを引っ張るなんて絶対にしません。 でも、このときばかりは、このチャンスを逃したらもう捕まえられない、そんな気がして、頭よりも身体が先に動きました。「つかまえたーーー!!!」そこに置いていたキャリーリュックにそのまま入れてジッパーをしっかりと閉めました。 涙が溢れて、リュックを抱きしめてしばらく動けませんでした。「見つけた俺すごくね?」「マジすげー!」子どもたちはそんな私の横で、自分たちの手柄をたたえあっていました。 彼らにとっては、ただ迷子になった猫を探したゲームのような感じだったかも知れませんが、私にとっては本当に命の恩人。どんなにお礼を言っても足りないくらい。子どもたちの目がなければ、きなこを見つけることはできなかったのですから。 「絶対大丈夫」は、ありえない このきなこ迷子事件で私が学んだことは、「大丈夫」はありえないということ。「ハーネスしてるから大丈夫」「きなこはおとなしい猫だから大丈夫」この私の油断がきなこにつらい経験をさせてしまったのです。 絶対はずれないハーネスはないし、おとなしい猫でもびっくりしたら逃げてしまうんです。どんなに飼い主との信頼関係があっても、逃げ出してしまった猫は飼い主のところには来ません。 今回はラッキーだっただけ。本当なら何日も見つからなかったかもしれない。1年経った今でも、この日のことを思い出すと涙がでて言葉につまります。本当にきなこが無事でいてくれることに感謝しています。それからは、病院に連れて行くときでも、脱走させないように細心の注意を払っています。mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko <PROFILE>2020年3月に東京から実家のある山口県へ3匹の猫「もちもちブラザーズ」こと、よもぎ♀・きなこ♂・おはぎ♂と共に移住。実家の先住猫7匹と「もちもちブラザーズ」合わせて10匹の猫との新生活を始める。さらにその後、2020年7月に自宅へ迷い込んできた子猫を保護し、現在は11匹の猫とドタバタ生活を送っている。Instagramは4万人以上のフォロワーがいる大人気ニャンスタグラマー。Instagram:@mochi_ryoko ■もちもちブラザーズ関連記事■ <インタビュー> そばにいるということVol.02|よもぎ・おはぎ・きなことの暮らし <連載コラム> 11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーが教える多頭飼いのコツとは?〜新入り猫編〜11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーが教える多頭飼いのコツとは?〜トイレ編〜外出自粛で猫もストレス?コロナ禍における猫との暮らし方【体験談】猫がストルバイト結石に!治療法や毎日出来る予防策は?

NEW,DOG

2021.04.06

犬のかゆみサイン6つ。かゆい原因はなに?ノミやダニが活発化する春夏に要チェック!

暖かい時期になると動きが活発化するノミやダニ。噛まれたり寄生されたりすると猛烈なかゆみが出るだけではなく、感染症のリスクもあります。飼い主さんはノミやダニの予防をすると共に、愛犬の様子を見て、異変がないかチェックしてあげましょう。そこで今回は「犬が痒がっているサイン」を6つご紹介していきます。もしも愛犬がかゆみサインをずっとしているようでしたら、適切な対処を行ってあげてくださいね。 犬のかゆみサイン1「頭や体をブルブルと大きく振る」 耳や体に違和感やかゆみが生じた時に、頭や体を大きくブルブルと振ることがあります。しきりに頭を振って耳を気にしているようでしたら、外耳炎など耳に炎症が起きてかゆみが生じていることもあります。レトリバー系の犬種やダックスフンドなど耳が垂れているわんちゃんは、外耳炎にかかりやすいと言われていますので、飼い主さんは耳の匂いや仕草などを日頃から観察してあげてください。 かゆみを感じている他にも、気分転換や体についた水分を取るためにブルブルと体を振ることもあります。 犬のかゆみサイン2「体を舐める・噛む」 かゆみから手足や体を舐める・噛むなどをすることがあります。舐めすぎや噛みすぎが原因で、被毛が変色することや抜けてしまうことがあります。飼い主さんは被毛の状態もチェックしてあげましょう。かゆみではなく傷が出来て痛みを感じていることもあるので、舐めたり噛んだりしている場所を見て、異常がないかも見てあげてくださいね。 また気持ちを落ち着かせるため、不安を紛らわすために体を舐めることもあります。周囲の状況や愛犬の様子を見て、原因を探ってあげてください。 ■こちらの記事も読まれています■要注意!?犬が本当に嫌がっているときの仕草5つ。 犬のかゆみサイン3「お尻をこすりながら歩く」 お尻周辺がかゆい時、お座りの体勢でそのまま前へ進むような仕草をすることがあります。スリスリと歩く姿は可愛らしくて思わず笑ってしまいますが、お尻に違和感を持ち、かゆみを感じているサインです。お尻や尻尾周辺をチェックしてあげましょう。 犬のかゆみサイン4「後ろ足で体を掻く」 体や首回りがかゆい時には、後ろ足を器用に使って体を掻きます。体を掻くこと自体は珍しいことではありませんが、しきりに掻いているようでしたらアレルギーやノミ・ダニが原因になっている可能性があります。掻いている部位をチェックして、赤みや腫れが出ていないか見てあげてください。 犬のかゆみサイン5「背中を床にこする」 背中がかゆい時には、床に体をこすりつけてくねくねすることがあります。他にも壁や家具などに体をこすりつけることもあります。換毛期により、体全体がむず痒くなっていることが考えられますので、被毛が生え変わる春先〜夏前、秋先〜冬前はいつもより丁寧にブラッシングをしてあげると良いでしょう。 犬のかゆみサイン6「飼い主に撫でて欲しいと要求する」 飼い主さんに体を掻いてもらおうと、撫でて欲しいおねだりすることがあります。体や被毛の状態をチェックするチャンスですので、撫でるついでに変わったことがないか見てあげましょう。犬とのスキンシップは信頼関係を築く上で大切な時間です。スキンシップを求められなくても、1日数十分は愛犬とコミュニケーションをとる時間をつくることをおすすめします。 犬のかゆみサイン6「元気がなくなる」 かゆみを感じるなど体に違和感が生じた時に、元気がなくなることがあります。なんとなく愛犬の元気がないと感じた時には、他にも変わったことがないか必ずチェックしてあげてください。異常が見られた場合は、かかりつけの動物病院で診てもらうことをおすすめします。 かゆがることで考えられる原因 ノミ・ダニに刺されたため換毛期によるかゆみ空気の乾燥による肌のかゆみアレルギーによるかゆみ病気によるかゆみ 犬がかゆがる原因として、上記のようなことが考えられます。ノミ・ダニの予防薬の服用やブラッシングなど飼い主さんのケアによって、かゆみを事前に防げる場合もあります。愛犬にかゆい思いをさせないためにも、日頃からケアを行って、健康管理をしてあげましょう。 防げるかゆみもあるのでケアを大切に! 犬にとって体がかゆいのは、不快でストレスの原因になりかねません。飼い主さんがしっかりとケアを行い、できる限りかゆい思いをさせないようにしましょう。かゆみが出てしまった時には、濡れたタオルで拭いてあげる・気を紛らわせるために遊んであげるなどしてかゆい部分にあまり触れさせないようにしてあげてください。皮膚の炎症が悪化してしまう恐れや脱毛・毛の変色の可能性があります。かゆみの仕草が数日続くようであれば、かかりつけの動物病院で診てもらってくださいね。