fbpx
HOME / COLUMN / 多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた...

COLUMNコラム

CAT

2021.11.09

多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた話〜はじまり編〜/もちもちブラザーズコラム

11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーのmochi_ryokoです。今回はもちもちファミリーに訪れた最大の危機「猫風邪パンデミック」についてお話します。多頭飼いの皆さんの参考になりますように。

くしゃみをし始めた猫たち

5月、平和なゴールデンウィークが過ぎ去ったある夜のこと。
我が家で最高齢16歳のアメショのモモちゃんがくしゃみをし始めました。

たまにくしゃみすることはあっても連続でするのは珍しかったので、「風邪かな?」と家族で話していました。
でもご飯をたくさん食べるし元気に走り回ってる、まだ気にすることはないかなという結論に至りました。
そして、様子を見ている間にモモちゃんのくしゃみは落ち着いたのです。

よかった〜と安心していた矢先…なんと一番若い猫のモネがくしゃみをし始めました!しかも、なんだか元気がない!

いつもなら一番走り回ってたくさんご飯を食べてるのに、食欲もなく大人しくベッドに収まっています。
それに夜寝る時はベッドにやってきて私の腕の中で寝るのが日課なのに、その日は一度もベッドにやってきませんでした。

モネが猫風邪にかかってしまう

あきらかに様子がおかしいモネ。
最近1歳の誕生日を迎えたけれどまだ子猫みたいなものだから、悪化したら大変なことになる!ということで、次の日の朝すぐに動物病院へ。

モネは鼻水でズビズビしながら、キャリーケースの中でか弱く鳴いていました。

先生の診断は、予想通り「猫風邪」。
まだ軽度ですが他の猫たちとは接触しない方がいいですよ、と言われました。

帰宅して、モネを他の猫が来ない部屋に隔離。
うちには16歳から13歳までの老猫が4匹もいます。
もしも老猫にうつったら大変なことになってしまいます。

かつてアビシニアンのあずきとくるみは子猫の頃に猫風邪にかかり、生死の境を彷徨うほどの経験をしました。
だからこそ、猫風邪の恐ろしさは痛いほどよく知っているつもりでした。

猫風邪のモネの隔離に失敗

「モネちゃん、ここでいい子にしててね」と部屋のドアを閉めました。
しばらくすると「あーん!あーーん!」と大きな声で泣き始め、ドアの端をガリガリ…なかなかやめません。

これがストレスになって悪化してもいけないかと思い、よもぎ・きなこ・おはぎのいる部屋に仕方なく移動させました。

この時は、完全に猫風邪を甘くみていました…。
たった一つの行動があんなに大変なことになるとは思わなかったのです。

モネは病院から帰ってきた後、すぐにご飯をバクバク食べて、何事もなく元気になりそうな感じでした。
次の日の朝も、日課であるツバメ観察をおはぎと一緒にして、元気にケケケと鳴いていました。

「やっぱり早めの対処がよかったんだ!」と安心し始めていた矢先、突然モネの片目から涙が出て、瞬膜も真っ赤になってしまったのです!

最初に病院に行ったのが月曜日、悪化したのが金曜日の夜。
お薬も飲んでいたし治ると思っていたのに。
次の日に再び動物病院に連れて行くことにしました。

きなこ・おはぎにも猫風邪がうつる

そして次の日の朝、何か様子がおかしい。
モネだけじゃなく、きなことおはぎの元気もない!
おはぎは何度もくしゃみをしてるし、きなこは少し口が開いててだるそうにしてる。

そんな中、よもぎだけは元気に過ごしていて、「最近全然構ってくれない!」と寂しいアピールをしてお腹を見せたり、私の手を噛んだりしていました。
最近7歳になったよもぎが元気なのは不幸中の幸いです。

とりあえず、急いで病院へ。

「目が真っ赤に腫れてますね」と、動物病院の先生は2本目の目薬を処方してくれました。
きなことおはぎの動画を見せてどうしたら良いか聞くと、「確実に同じ風邪なので、同じお薬と目薬を与えてください!」とのこと。

よかった。これでみんなも良くなるはず…。
モネちゃん何度も病院連れてってごめんねと言いながら帰宅しました。

帰宅後よもぎ以外の3匹に薬を飲ませ、念のためきなことおはぎにも目薬をさしました。
その日は出かけず、猫たちの様子をずっとみていました。

いつもよりもさらに甘えん坊のきなこを抱きしめて一緒にお昼寝。
口は閉じかけてるけど、なんとなくだるそうにしていて心配…。

こういう時、飼い主は本当にそばにいることしかできません。
仕事も何も手につかない状態でした。

そしてその夜、事態は急変しました。
飼い主を恐怖のどん底に突き落とした長い長い夜が始まったのです。

▼続きを読む


mochi_ryoko

出典:@mochi_ryoko

出典:@mochi_ryoko

<PROFILE>
2020年3月に東京から実家のある山口県へ3匹の猫「もちもちブラザーズ」こと、よもぎ♀・きなこ♂・おはぎ♂と共に移住。実家の先住猫7匹と「もちもちブラザーズ」合わせて10匹の猫との新生活を始める。さらにその後、2020年7月に自宅へ迷い込んできた子猫を保護し、現在は11匹の猫とドタバタ生活を送っている。Instagramは4万人以上のフォロワーがいる大人気ニャンスタグラマー。
Instagram:@mochi_ryoko

■もちもちブラザーズ関連記事■

<インタビュー>

<連載コラム>

LATEST POST

最新記事

NEW,DOG

2021.11.26

犬が布団に入ってくるのは寂しいから?犬が布団に潜り込む4つの理由

寝る時に犬も一緒に布団の中へ入ってくることはありませんか?犬が布団に潜り込む姿はとても可愛いので、そのまま一緒に寝るという方も少なくないかもしれませんね。でもそこで気になるのは、なんで犬が布団の中に入ってくるのかということ…。そこで今回は犬が飼い主の布団の中に入ってくる理由をご紹介します。理由のほかにも布団に潜り込むことで苦しくないのかということもご紹介しますので、犬を飼っている方はぜひ1度ご一読くださいね。 犬が飼い主の布団に入ってくる理由は? ●理由1:安心するから 飼い主が寝る布団の中に犬が入ってくるのは、飼い主の匂いがして安心するからという理由が考えられます。 犬は元々群れで過ごしていた動物です。そのため1人で寝るよりも、信頼している飼い主さんと寝る方が安心できるのかもしれませんね。 ●理由2:寒いから 部屋の温度が低くて寒いという理由で、犬が布団の中へと潜り込むことがあります。 ・体がひんやりと冷えている・震えている・体を縮こませて動かない これらは犬が寒い時のサインや寒い時にする行動です。あまりにも寒いと体調不良の原因になるので、エアコンやヒーターをつけて室温調整をしてあげてください。秋から冬にかけては空気が乾燥するので、暖房器具と一緒に加湿器もつけて部屋の湿度を調整してあげるのもおすすめです。 ●理由3:布団の方が快適だから 飼い主の布団の方が快適だからという理由で、犬が布団に入ってくることもあります。 犬は柔らかい感触のものやフワフワした感触のものが大好きなので、飼い主が寝る布団に潜り込むことがあるのです。 ●理由4:寂しいから 1人で寝るのが寂しいという理由で、犬が飼い主の布団に入ってくることもあります。寂しがり屋のわんちゃんによく見られる行動で、飼い主さんのことが大好きで信頼している証とも言えるでしょう。 ただ、毎日犬と同じ布団で寝ていては、1人で寝ることができなくなってしまう可能性があります。そうなると急な外出で家を空ける際や病気で入院をしなくてはいけない時などに、1人でなかなか寝付けずに困った状況になってしまうことも…。 一緒に寝ることは悪いことではありませんが、1人で寝ることができないわんちゃんにならないように注意しましょう。 ■あわせて読みたい記事■犬と一緒に寝るのは良くない?犬の心理やメリットやリスクまとめ 犬は布団の中に潜り込んでも苦しくないの? 犬が布団に潜り込む時、飼い主として心配なのが「ちゃんと息ができているのか」「布団の中にいて苦しくないのか」ということですよね。 潜り込む布団の種類にもよりますが、多くの布団の場合、外からの空気や酸素が一切遮断されることはありません。なので息ができない状況や酸欠になる状況は少ないと言えます。 とはいえ、布団の重さが息苦しいと思うこともあるかもしれません。心配であれば潜り込む布団を、犬用の軽いブランケットに変更するなど対策をしても良いでしょう。 ■あわせて読みたい記事■犬の「分離不安」とは?症状・原因・治し方まとめ!ひどい分離不安にはどうすれば? 犬が一緒に寝たがるのは、愛されてる証拠! 犬が飼い主の布団に入ってくる理由はさまざまですが、いずれにせよ一緒に寝るのは飼い主さんのことを信頼しているからこその行動です。愛犬からの「好きアピール」に気づいてあげて、欠かさずコミュニケーションをとってあげてくださいね。 犬にとって睡眠は体力を回復するためにとても大切な時間です。飼い主さんは愛犬が安心して眠れるように、就寝環境を整えてあげましょう。

NEW,CAT

2021.11.23

多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた話〜回復編〜/もちもちブラザーズコラム

11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーのmochi_ryokoです。前回に引き続き、「多頭飼いで猫パンデミックになりかけた話」についてお話しします。 ▼前回のお話はこちらから多頭飼いで猫パンデミックになりかけた話〜はじまり編〜多頭飼いで猫パンデミックになりかけた話〜蔓延編〜 猫風邪発症から回復に向かう猫たち 病院に行った日曜日の夜、まだ3ニャン全員が口を開けていました。しかし、前日のように苦しそうではなく、きなこものけぞることなく私の腕の中で眠りました。 布団の中を覗いてみると、口の空いたきなこがいますが、前日のような苦しそうな呼吸音はありません。私も安心してやっと朝までぐっすり眠れました。 ちなみに、猫風邪の元凶のモネちゃんはこの頃にはかなり元気になっていました。目は充血しているし腫れているけど、ご飯はバクバク食べるし、部屋の中で元気に走り回っていました。 若さなのか?よもぎ・きなこ・おはぎよりも体重重いから、体力もあるのかも?風邪は他の人にうつすと良くなるっていうのは、猫も同じなのかもしれませんね。 それでも、モネの症状が良くなるまで約1週間は経っていました。 猫風邪回復までの1週間の記録 ・月曜日 相変わらず全員口呼吸ですが、ちゅーるだけは食べてくれています。総合栄養食のちゅーるが底を尽きたので、ドラッグストアをハシゴして5袋買い占めました。(他に欲しい人いたらすみません…。) 他にもペースト状のハイカロリーのウェットフードなども購入。でも食いつきはイマイチ…。やっぱりちゅーるのあの袋の形状じゃないと食欲湧かないみたいです。 ちなみに、昼間は口の開きが小さくて、夜になるとまた口が開いていく感じでした。 やっぱり夜の方が苦しいみたい。でも薬の時間になると、急に元気になって走り回って逃げます(笑)。飼い主的には逃げる元気があることが嬉しかったですけどね。 ・火曜日 朝起きると、おはぎの口は完全に閉じていました!きなことよもぎはまだ口が開いていますが、目にはしっかり力があります。 みんな鼻水とくしゃみは変わらずひどいですが、顔色は数日前とは比べ物にならないくらい良くなっていました。 夜には、ウェットフードをいつもの半分くらい食べられるように!カリカリはまだ食べられないので、相変わらずちゅーるを与えてカロリーを取らせています。 ・水曜日 ようやくきなこの口も閉じました!あの苦しそうな夜のことを思うと、嬉しくて泣きそうになりました。口呼吸じゃなくなったことで、きなことおはぎはウェットフードを完食! しかし、未だよもぎの口は開いたまま…。しかも3匹の中で一番くしゃみがひどく、何度も何度もくしゃみをしています。 カーテンの裏側に隠れてじっとしています。窓に鼻水がたくさん飛び散っていました…。 風邪の症状が出たのが一番最後だったからか、治るのも一番最後のようです。よもぎはシニアになったばかりで痩せ気味なので、ちゅーるでのカロリー摂取を続けています。 ・木曜日 「ケケケケッ」、次の日の朝早く、おはぎとモネが二人でバードウォッチングをしている声で目が覚めました。いつもなら「早すぎるよーもうちょっと寝かせてー」と思うところですが、この日ばかりは嬉しかったです。 平和な日常が戻りつつありました。 そして、やっとよもぎも口が閉じました!ここまでくればあともう一息!? ・金曜日 やっと全員カリカリを食べることができました!まだくしゃみは少ししていますが、遊んだりする元気も出てきました。 しかし、他の猫たちにうつさないために、もう少しだけ隔離は続けることに。 ちなみにモネちゃんはこの日1週間ぶりに部屋の外に出してもらえて、嬉しくて走り回って、他の猫たちに迷惑がられていました(笑)。元気になってからも隔離を続けていたので、パワーがあり余っているようでした。 猫風邪パンデミック終了まで半月 猫風邪がもちもちブラザーズの部屋に蔓延してしまってから約半月…やっと全員の症状が完治したと思えるところまで回復しました。人間にとっても、猫にとっても、長い隔離生活でした。でももしも、他の7匹の猫にも感染していたら…と思うと恐ろしいですよね。 3年前あずき・くるみが猫風邪になった時、4匹の老猫たちは無症状だったから、それよりも若いよもぎ・きなこ・おはぎも大丈夫だろう、と勝手に思い込んでしまったのが今回の猫風邪蔓延を招いてしまった要因です。 猫風邪だと分かったら心を鬼にして隔離しなければならないんですね。次々に猫たちが感染していくのは、本当に恐怖でしかなかったです。 みんなが無事に回復してくれたことに今は心からほっとしています。 後日談、看病疲れで飼い主もダウンしました(笑)。人間も肉体的にも精神的にも大変だから、多頭飼いの皆さんはくれぐれも猫風邪を蔓延させないように注意してください!この体験談が、皆さんの参考になれば幸いです。mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko <PROFILE>2020年3月に東京から実家のある山口県へ3匹の猫「もちもちブラザーズ」こと、よもぎ♀・きなこ♂・おはぎ♂と共に移住。実家の先住猫7匹と「もちもちブラザーズ」合わせて10匹の猫との新生活を始める。さらにその後、2020年7月に自宅へ迷い込んできた子猫を保護し、現在は11匹の猫とドタバタ生活を送っている。Instagramは4万人以上のフォロワーがいる大人気ニャンスタグラマー。Instagram:@mochi_ryoko ■もちもちブラザーズ関連記事■ <インタビュー> 猫が幸せに暮らせるように。11匹の大家族との生活【interview Vol.04】 <連載コラム> 猫アレルギーでも猫を飼いたい!11匹の猫と暮らす私が実践する4つの対策猫を飼って良かったこと・激変したこと5選!猫が「ケケケッ」と鳴くのはどうして?可愛い鳴き声と理由

CAT

2021.11.21

何歳から老猫?猫の老化サイン5つ!長生きのために気を付けること

猫は人よりも早いスピードで成長し、やがて老猫やシニア猫と呼ばれる年齢になります。そのシニア期にどう接するかで、健康で長生きできるのか変わってくると言われています。そこで今回は「猫の老化サイン」をご紹介します。愛猫に元気で長生きしてもらうためにも飼い主さんは老化サインを知っておき、より一層の健康ケアができるように準備をしておきましょう。 何歳からシニア猫の仲間入り? 猫は人間よりもはるかに早く成長し、高齢化していきます。その成長スピードは人の5倍ほど。個体差はありますが、11歳から高齢期と見てよいでしょう。 猫は大体、1歳で人間年齢18歳。5歳で人間年齢36歳。11歳だと人間年齢60歳になります。11歳を過ぎると病気リスクや怪我の可能性が高まってきますので、定期的な健康診断は欠かさないようにしてください。 ■こちらの記事も読まれています■ 愛猫の長生きのために!健康チェック方法5つ。長生きの秘訣は? 猫の老化サイン1:睡眠時間が増える シニア猫はあまり運動をせず、寝ている時間が長くなります。体力を回復し健康状態を保つために必要な睡眠なので、老猫が寝ている時には邪魔をせずにそっとしておきましょう。 猫の老化サイン2:反応が鈍くなる 嗅覚が低下するため、トイレ場所の判断を誤り失敗してしまうことがあります。また視力も低下するため、歩いている最中に物にぶつかってしまうことも。聴力も衰えるので、呼んでも反応が鈍くなることもあります。 猫の老化サイン3:被毛がパサついてくる 猫は自ら毛づくろいをすることで、被毛のケアをしています。高齢化してくると毛づくろいを自らくまなく行うのが難しくなるため、被毛にツヤがなくなる・パサつくことがあります。 ツヤがない・匂いがいつもよりするなどと感じた時には、飼い主さんが普段よりも丁寧にブラッシングをしてあげましょう。 猫の老化サイン4:爪の伸びが早くなる 歳を重ねると運動量が減り、爪研ぎの回数も減っていきます。そのため、爪が伸びるペースが早く感じるようになるでしょう。 放っておくと肉球に爪が刺さることがありますので、飼い主さんが定期的に爪を切ってあげましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫の体調不良サイン5つ。具合の悪い時に行う仕草と猫のために出来ること 猫の老化サイン5:動きが鈍くなる 高齢化が進む中で関節痛が起こります。そのため、高いところから飛び降る・キャットタワーに上がるなどの動作がゆったり見えてくるでしょう。 猫は体の痛みをあまり表現しない動物と言われています。ですので、足をひきずる素振りを見ることはないかもしれませんが、動作がゆっくりになっていたらいつも以上に気を遣ってあげましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫の体調不良サイン5つ。具合の悪い時に行う仕草と愛猫のために出来ること 猫の長生きのため気をつけることは? 老猫のサインに当てはまるものがあれば、健康と安全のために以下のことを試してあげましょう。 ●長生きのために1:生活動線を簡単に シニア猫は視力・聴覚・運動能力が衰えてきます。以前は軽々とジャンプしていた場所でも、歳をとると移動が難しくなることもあります。 なので猫の生活動線は簡単にしてあげて、出来る限り段差を減らしてあげましょう。特にトイレやご飯の場所の周りはバリアフリー環境を整えてあげると良いでしょう。 老猫になると骨や関節が弱ってくるので、怪我や骨折は治りづらくなります。愛猫のためにも動きやすい環境を作ってあげてくださいね。 ●長生きのために2:キャットフードを変更する フードを高齢猫用にしてあげることをおすすめします。運動量が少ないシニア猫用に、カロリーが抑えられたフードや腎臓や膀胱などの部位の健康を考えられたフードがあります。 かかりつけの動物病院で相談をしながらフードを変えるのも良いでしょう。キャットフードを変更する際には、急に変えるのではなく食べ慣れたフード混ぜて少しずつ変えるようにしてください。急なフードの変更は消化器官に負担をかける恐れがあるので、注意しましょう。 ●長生きのために3:水は常に新鮮なものを用意 猫はあまり水を飲まない動物ですが、老猫になるとますます水を飲まなくなり、気づけば脱水症状に陥っているということもあります。 常に新鮮な飲み水を用意するなど、猫に水を飲ませる工夫をして、脱水状態にならないように注意しましょう。水分を多く含んでいるウェットフードを与えることもおすすめです。 ●長生きのために4:こまめにブラッシングをする 高齢化すると全身をくまなく毛づくろいすることが難しくなります。毎日ブラッシングをする・体が汚れていたら拭いてあげるなどをして、綺麗好きな猫のために丁寧なお手入れを行ってあげましょう。定期的な爪切りも忘れずに行ってください。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫に水を飲ませる5つの方法!1日に必要な水分量は? 健康で長生きしてね 猫と共に生きるということ。それは幼少期も高齢期も、大切に面倒を見るということです。飼い主さんの行動次第で猫の寿命がのびて健康になる可能性もありますから、「高齢化してきたかな?」と思うことがあれば一層気遣ってあげましょう。赤ちゃん猫には赤ちゃん猫の可愛さがありますが、老猫には老猫の魅力や穏やかさや可愛さがあります。愛猫と楽しくずっとそばにいるために、老猫のケアと健康サポートをしてあげてください。 この投稿をInstagramで見る Levees|動物の権利を考えるWEBマガジン(@levees_tokyo)がシェアした投稿 出典:@levees_tokyo

CAT

2021.11.16

多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた話〜蔓延編〜/もちもちブラザーズコラム

11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーのmochi_ryokoです。今回は前回の続き、「多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた話」です。 ▼前のお話はこちらから多頭飼いで猫風邪パンデミックになりかけた話〜猫風邪のはじまり編〜 夜になると猫風邪の症状が悪化 風邪をひいた時、昼間より夜の方が熱が上がって症状が悪化しますよね、どうやら猫も同じみたい。モネちゃんを2回目の病院に連れて行ったその日の夜、今度はきなことおはぎの症状が急激に悪化したのです。 昼間は少しだけしか開いていなかった口が夜にはパカーンと開いて、完全に口呼吸をするきなこ。目をうるうるさせて鼻水をたらして口呼吸をするおはぎ。二人とも全く食欲がありません…。 特にきなこはとても苦しそう。こんな状態の猫を見たことがなかったので、不安で胸が張り裂けそうになりました。 やっぱりきなことおはぎも病院で診てもらった方がいいんじゃないだろうか…と思って夜間動物病院を探すも見つからず。平日であれば夜間病院があったのですが、その夜は土曜日だったのです。 とりあえず、何回か行ったことのある日曜診療の病院に朝一で行くしかない!との結論に。 きなこの口呼吸はかなりひどく、横になることができないみたいでした。 ベッドの上で私の腕に手を乗せて、なんとか寝ようとしていましたが、口が開いていくのでどんどんのけぞっていきます。本人は寝ているようでしたが、外から見てると「死んじゃうかもしれない!」というくらい辛い光景でした。「ごめんね、ごめんね」と泣きながら撫でました。 部屋にはおはぎのくしゃみときなこの口呼吸の音が静かに鳴り響いていました。不安な想像や恐怖でその日は一睡も出来ず朝を迎えました。 よもぎも猫風邪がうつる…。 次の日の朝、なんとよもぎまでもがくしゃみを始めたのです。完全にパンデミック起こしてしまいました…。今度は後悔したくないので、きなこ・おはぎ・よもぎの全員を連れて病院に向かいます。 日曜診療をやっている病院はあまりないので混んでましたが、幸いそんなに待つことなく診察室に。 獣医さん「猫風邪ですね、一番ひどい子から見ましょうね。」 もちママ「きなこです。」 きなこはキャリーから出された途端お医者さんにシャーッ!しかも緊張からなのか口を閉じています。熱が少しあったので抗生剤を注射してくれました。 次はおはぎ。おはぎはいい子に診察と注射をうけました。何も文句を言わず女性の看護師さんにぴったりひっついていました。こんなとこでもあざとさ満点でした(笑)。 最後はよもぎ。キャリーから出てきません!!出そうとしても断固として嫌がり、シャーシャー怒っています。 「なんであたちまでこなきゃいけないのよ?!」とでも言ってそう。 しかし、なんとよもたんは3匹の中で一番熱が高かったのです。注射されて激おこなよもぎに先生はタジタジでしたが、やっぱり連れてきてよかったと心から思いました。 猫風邪によりちゅーるしか食べない猫たち 全員注射してもらって、お薬をもらって帰宅。まずは何か食べさせなければ…。 前日の夜から、ウェットフードも食べなくなったきなことおはぎ。そんなときに役に立ったのが総合栄養食のちゅーる!ありがたいことに、ちゅーるだけは食べてくれていました。 老猫たちのために買っておいた総合栄養食ちゅーるがこんなところで役に立つとは!みんな注射を打ったからなのか、心なしか少し落ち着いているように見えます。 しかし、問題は夜に発生しました。今度はお薬問題勃発です。 今まで大きな病気をしたことがない3ニャン。おはぎはストルバイトでお薬を飲ませることもありましたが、きなことよもぎにとっては本当に初めてのお薬です。 ■あわせて読みたい記事■【体験談】猫がストルバイト結石に!治療法や毎日出来る予防策は?/もちもちブラザーズコラム 猫風邪の薬飲ませるために四苦八苦 薬を飲ませようとまず私が挑戦。 薬を嫌がらないおはぎ・モネは成功!そしてきなことよもぎに惨敗!思いっきり引っ掻かれました(泣)。 そして次に薬飲ませ名人の母の挑戦! きなこは成功!よもぎは…チーン。 7年間、病院はワクチンの時だけ、薬なんて飲まされたことのないよもぎは大暴れ!世界の終わりくらいの叫び声をあげ、毛をブワッと逆立てて、キャットウォークを駆け上がり、手の届かない場所に隠れてしまいました。 「困った…薬を飲んでくれないと治らないのに」、頭を抱える飼い主。 フォロワーさんから、ちゅーるビッツというおやつの中にお薬を入れると食べてくれるよとアドバイスを受け、早速試してみますがこれも惨敗。お薬飲めるモネ以外誰も食べてくれませんでした(泣)。 そこで再び登場、ちゅーる!薬を一つ一つすりつぶしてちゅーるに混ぜて指につけて食べさせる作戦です。これは見事に成功しました! よもぎは、ちゅーるだと分かるとキャットタワーの上から降りてきて、少し怪訝そうな顔をしながらも、お薬ちゅーるを完食!改めてちゅーるの偉大さを知りました。ちゅーる、ありがとう(泣)。 もちもち家と猫風邪の戦いはまだまだ続く。mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko <PROFILE>2020年3月に東京から実家のある山口県へ3匹の猫「もちもちブラザーズ」こと、よもぎ♀・きなこ♂・おはぎ♂と共に移住。実家の先住猫7匹と「もちもちブラザーズ」合わせて10匹の猫との新生活を始める。さらにその後、2020年7月に自宅へ迷い込んできた子猫を保護し、現在は11匹の猫とドタバタ生活を送っている。Instagramは4万人以上のフォロワーがいる大人気ニャンスタグラマー。Instagram:@mochi_ryoko ■もちもちブラザーズ関連記事■ <インタビュー> 猫が幸せに暮らせるように。11匹の大家族との生活【interview Vol.04】 <連載コラム> 一人暮らし1KでもOK!狭くても猫が満足する部屋づくりのポイントは?油断は大敵!愛猫きなこが迷子になってしまった時の話猫の寝る場所によって気持ちが分かる?寝相別の親愛度まとめ