fbpx
HOME / COLUMN / 犬と一緒に寝るのは良くない?犬の心理やメ...

COLUMNコラム

DOG

2020.12.09

犬と一緒に寝るのは良くない?犬の心理やメリットやリスクまとめ

犬を飼っている人の中には、愛犬と同じ場所で眠る人もいらっしゃるでしょう。(筆者も寝る時は愛犬をベッドに連れていき、一緒に寝ています!)しかしそこにはリスクがあることをご存知でしたでしょうか?今回は犬と一緒に寝ることで生じるリスクやメリット、犬の心理などをご紹介していきます。日頃犬と寝ている飼い主さんはぜひこの記事を読んでみてくださいね。

愛犬と一緒に寝ている人の割合

レビーズのInstagramで独自のアンケートをさせていただきましたところ…
なんと68%の方が愛犬と一緒に寝ているという結果が!
「落ち着くから一緒に寝ている」という方もいらっしゃれば、「毛が抜けやすい犬種なのでベッドやキッチンには入れないようにしている」という方もいらっしゃいました。アンケートにお答えいただいたみなさま、ありがとうございます!

それでは早速、気になるメリットやリスクなどを見ていきましょう。

考えられるメリット

ベッドで寝る犬

その1「安心して眠れる」

これが一緒に寝ることの最大のメリットと言えるでしょう。犬はもともと群れで過ごす動物なので、ひとりで眠るよりも飼い主さんと眠る方が安心できます。
慣れ親しんだ飼い主さんの匂いと体温に安心して、ぐっすりと眠るわんちゃんも多いようですよ。

その2「暖かく眠れる」

一緒に寝ることでお互いの体温を感じることができるので、必然的に暖かく眠ることが出来ます。また犬はもともと穴倉を寝床にして暖かい環境で寝ていたため、飼い主さんと同じ布団にもぐって眠るとよく眠れるのかもしれません。

その3「癒される」

これは飼い主さんのメリットとして挙げられます。大切な愛犬が一晩中近くで眠っているとなると、癒されますよね。
日中お仕事などで一緒にいる時間が少ない方も、夜はずっと一緒にいることで幸せを感じて癒される人も多いようです。

その4「体調不良などの異変にすぐ気づくことができる」

距離が近い分、夜間に異変が起きた場合比較的早く気づくことができるでしょう。これも飼い主さんにとっては大切なメリットですよね。

上記の通り一緒に寝ることで考えられるメリットはたくさんあります。しかし、メリットだけではありません。次に一緒に寝ることのリスクや注意点を見ていきましょう。

愛犬と一緒に寝ることで生じるリスク

フローリングで寝るパグ

その1「愛犬を潰してしまう可能性がある」

人が寝返りを打つ回数は平均して10回〜20回ほどと言われています。その寝返りの際に気づかずに愛犬を潰してしまう可能性も…。
特に小型犬を飼われている方や寝相があまり良くない方は、寝ている最中に自分の体重で愛犬を潰さないように注意が必要です。

その2「ベッドの昇降で怪我をする可能性がある」

ベッドで寝ている方の場合、犬がベッドを降りる際に誤って怪我をしてしまう恐れがあります。高さが高いベッドで寝ている方は、愛犬用に階段(犬用ステップ)をつけるなど工夫をしても良いでしょう。
足腰の弱いシニア犬や体の小さいパピー犬の場合、昇降による怪我のリスクは上がりますので、愛犬の年齢によってより注意してあげてください。

その3「分離不安が悪化する可能性がある」

普段から寂しがり屋で分離不安気味のわんちゃんの場合、一緒に寝ることが当たり前になってしまい、少しの間でも飼い主さんと離れるのを嫌がるようになるかもしれません。
その結果、お留守番中にいたずらをしてしまうなどの分離不安の症状が出る可能性があります。

その4「感染症など衛生面に問題が生じる可能性がある」

一緒に寝ることで必ず感染症にかかるわけではありませんが、可能性があるのは確かです。
動物から人間へうつる感染症の総称を「人畜共通感染症」や「人獣共通感染症」といい、日本で発症する感染症の種類は50種にもおよぶと言われています。これは、一緒に寝たり口移しで食事をしたりなど過度なスキンシップが原因となるものです。
感染症の他にも、犬の体に寄生しているノミやダニに刺される可能性もあります。
衛生的な寝具を保つためにも、愛犬の予防接種寝具の定期的な洗濯など対策をすることをおすすめします。寝具は定期的に洗濯できるものを選び、洗いづらいものであれば、布団用掃除機や粘着シートなどでこまめに掃除をして、犬の毛を取り除いてください。

一緒に寝たがる犬の心理は?

布団にもぐる犬

一番に「飼い主さんのそばを離れたくない」という思いが強いと考えられます。上述した通り犬は群れで過ごしていた動物です。その本能が働き、「飼い主さんと一緒にいたい、安心して寝たい」と思っているのだと考えられます。

一緒に寝てはいけないわけではない

飼い主とベッドで寝る犬

絶対に一緒に寝てはいけないわけではありませんが、一緒に寝ることで飼い主さんにも愛犬にもリスクや注意しておかなければいけない点があることは十分に理解しておきましょう。
きちんと対策をとって環境を整えれば、メリットはたくさんありますから、愛犬と良い関係が築けるようにぜひ考えてみてください。

LATEST POST

最新記事

NEW,CAT

2021.02.24

【外出自粛で猫もストレス?コロナ禍における猫との暮らし方】 もちもちブラザーズコラム

こんにちは。11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーのmochi_ryokoです。2021年1月、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、2度目の緊急事態宣言が出されましたね。昨年4月の1回目の緊急事態宣言で在宅ワークやステイホームを経験した人も多いでしょう。「大好きな飼い主さんがずっと家にいてくれる」と猫ちゃんも大喜び!と思ったら、実はストレスで体調を崩す猫ちゃんも多かったそうです。もしかしてうちも・・・?今回は、コロナ禍に置ける猫ちゃんのストレスについて考えていきます。 在宅ワークのせいで猫が体調不良に? 在宅ワークになって、普段お留守番ばかりで寂しい思いをさせている猫ちゃんとずっと一緒にいれる!たくさん遊んであげよう!などと思った人も多いのではないでしょうか?私もそのひとりでした。といっても、そもそも私は週の半分くらいは在宅で仕事をしているので、今更ステイホームになったところで猫にも自分にもそこまで変化はないかなぁと思っていました。しかし人間、「いつでも出かけていい」状態から「出かけてはいけない」状態になると、途端にストレスが溜まるものなんですね、不思議と。そもそもインドア派の私ですらストレスが溜まったのだから、外に出かけるのが好きな人はもっときつかったでしょう…私の場合は、家で仕事に集中できないときに、近くのカフェやワーキングスペースで仕事をすることも多かったので、それができないのはかなりの痛手でした。そしてストレスが溜まってくると、仕事にも集中できなくなり、必然的に猫に構う時間が増えます。猫にとってはそれが結構なストレスになっていたのです!「かまってもらえて喜んでいる!」と思っていたのは人間だけのようです。 コロナストレスによる猫の体調不良 コロナで飼い主が在宅ワークになったことで、猫ちゃんにどのような体調の変化がおこったのでしょうか? おしっこトラブル(粗相・膀胱炎・下部尿路疾患など)食欲不振嘔吐・下痢肥満 ネット上にはこのような症状を訴える飼い主さんが多くいました。ちなみに、実際に我が家で起こった変化は、「肥満」「食欲不振」でした。24時間飼い主が家にいることで、猫たちは飼い主に度々ごはんの催促をしてきました。そのたびにちょっとずつ与えていたのがよくなかった…ゴミ箱を倒したり、ご飯の棚の前で延々と鳴き続けたり…私も仕事に集中できないからしかたないと諦めてあげてしまいました。その結果、◯時になったらご飯がもらえるという猫の生活リズムが完全に狂ってしまったのです。通常のご飯の時間になってもあまり食べずに、しばらくたってお腹が空いたらいたずらをする…完全にわがまま猫たちになってしまいました。しかもメス猫のよもぎはちょこちょこ食べをしているからか、ご飯の時間になってもほとんどご飯を食べない。短期間で、きなことおはぎは200g程度太り、よもぎは100g減るという結果に…これに気づいてからは、猫ちゃんのペースを乱さないように「猫ファースト」を心がけるようにしました。寝ている時はいじらない、甘えてきた時はかまってあげる、膝に乗ってきたら何時間でも耐える、ご飯の時間を守る…などなど。すると少しずつですが、ペースを取り戻せたようで、食いつきも体重もいつもどおりに戻りました。このままダラダラご飯をあげる生活をしていたら…と思うと怖くなりますね。 猫のコロナストレス解消のためにできること まず、猫ちゃんの生活のペースを尊重してあげること。間違ってもステイホームの人間側のストレスを、猫ちゃんを触ることで解消しようとしないように注意してくださいね。猫ちゃんにとっては迷惑になっていることを忘れずに。(これは私もかなり反省しました汗)猫は薄明薄暮性といって、薄暗い時間に活発になる生き物と言われています。住人がいない昼間にたっぷり寝て、夕方飼い主が帰ってきた頃に活動し始めることが多いんだそう。いつもなら寝ている時間に飼い主が家にいて必要以上に構われるとペースが乱れてイライラしてしまいます。ドアの開け閉めや足音などの生活音などにも注意しましょう。また、猫ちゃんから遊んでほしいときにだけ遊ぶように。普段寂しい思いをさせているからと思って、遊ばせ過ぎたりオヤツをあげすぎるのもNGですよ。特に小さな子供のいる家庭は注意。実際に子供のいる家庭でのペットが膀胱炎や食欲不振で動物病院にかかっている例が多く報告されているようです。大人がきちんと管理して、猫ちゃんの平和を守る必要があります!猫ちゃんにとってストレスは、様々な病気の原因になることがわかっています。コロナ自粛で猫ちゃんの体調に変化があったと感じている人は、すぐに猫ファーストを心がけてみてくださいね!mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko この投稿をInstagramで見る もちもちブラザーズ(@mochi_ryoko)がシェアした投稿 出典:@mochi_ryoko <PROFILE>2020年3月に東京から実家のある山口県へ3匹の猫「もちもちブラザーズ」こと、よもぎ♀・きなこ♂・おはぎ♂と共に移住。実家の先住猫7匹と「もちもちブラザーズ」合わせて10匹の猫との新生活を始める。さらにその後、2020年7月に自宅へ迷い込んできた子猫を保護し、現在は11匹の猫とドタバタ生活を送っている。Instagramは4万人以上のフォロワーがいる大人気ニャンスタグラマー。Instagram:@mochi_ryoko

NEW,RABBIT

2021.02.22

うさぎの不機嫌サイン3つ!鳴いたり噛んでくるのはどんな意味?

うさぎは感情が分かりづらいと思われることがありますが、仕草や行動で私たちに気持ちを伝えようとしてくれることがあります。今回はその中から「うさぎが不機嫌の時にやる行動」を3つご紹介していきます。個体差があるので必ずしも当てはまるわけではありませんが、この記事を参考にうさぎの気持ちに寄り添ってあげてくださいね。 不機嫌サイン1「ブッブッと鳴く」 うさぎには声帯がないため鳴き声で感情を表現することはありませんが、鼻からブッと音を鳴らして感情表現することがあります。 ●威嚇をする時●不満がある時●怒っている時 このような時には、気が立ち呼吸が荒くなって、ブッブッと短く強く鼻を鳴らすことがあります。不満を表す他にも、低い音で長くブーブーと鼻を鳴らしている時は、リラックスしていたり機嫌が良く飼い主さんに甘えようとしていることが多いようです。ただ、鼻の鳴らし方や感情表現の仕方はうさぎによって個体差があります。鼻の鳴らし方だけで感情を把握することは難しいですが、表情や動きなどに加えて鳴き声も聞いて、うさぎの気持ちに寄り添う参考にしてみてくださいね。 不機嫌サイン2「足ダンする」 スタンピングとも呼ばれ、後ろ足をダンっと踏み鳴らすことからこの名前がついている行動。この足ダンも、うさぎが自己主張をする方法の1つです。もともとは野生のうさぎが、巣穴や周囲にいる他の仲間のうさぎたちに危険を報せる目的があったよう。飼いうさぎにとっての足ダンは、飼い主さんに気持ちを伝える大切な方法なのです。 不機嫌な時や不快な音が聞こえた際に足ダンをするほか、「かまって欲しい」「お水が欲しい」など飼い主さんに要求したいことがある時にも足ダンをして感情表現することがあります。 ■こちらの記事も読まれています■うさぎの「足ダン」について。寂しい?嬉しい?足ダンをする意味 不機嫌サイン3「噛み付いてくる」 うさぎは「常生歯(じょうせいし)」と言って一生伸び続ける歯を持っているため、物を噛むことで歯の長さをコントロールしています。ですので噛むことはうさぎの習性になっていますが、感情表現や自己主張をするために噛むことがあります。 また、うさぎはとても縄張り意識が強い動物です。「自分の縄張りに入ってこられた!」と感じると飼い主さんの手を噛んでくることがあります。うさぎに触れる時には、うさぎの習性や気持ちを考えてスキンシップをとるようにしましょう。 ■こちらの記事も読まれています■うさぎが噛むのはどんな気持ちから?噛む理由や対処法まとめ うさぎの気持ちに寄り添って 言葉をしゃべれない分、犬や猫のように鳴き声で感情表現ができない分、うさぎは体を使って飼い主さんに気持ちを伝えようとしてくれることがあります。飼い主さんは仕草などをよく観察して、うさぎの気持ちに寄り添ってあげてくださいね。うさぎの気持ちがわかるようになれば、うさぎとの暮らしをもっともっと楽しめるはずですよ。

CAT

2021.02.17

猫がお腹を見せるのは降参の合図じゃない!本当の理由5つ。触ると怒るのはどんな気持ちから?

猫がお腹を見せて寝転ぶ姿を見たことはありませんか?猫好きの方の間ではへそ天と呼ばれるこの姿は本当に可愛いものですが、お腹を触ったら噛まれたという経験をした方も少なくないでしょう。そこで今回は、「猫がお腹を見せる理由」や「お腹を触ると怒る理由」などをご紹介していきます。猫の気持ちに寄り添う参考にしていただければ幸いです。 「お腹を見せる=降参」じゃない!? この投稿をInstagramで見る Levees|動物の権利を考えるWEBマガジン(@levees_tokyo)がシェアした投稿 レビーズスタッフ猫 ユーク@levees_tokyo お腹を見せている姿は「降参している合図」と思っている方が多いですが、実はそうじゃないんです…!犬はお腹を見せて「敵意はない」ことを表すことがありますが、猫はその反対。仰向けのポーズは、威嚇の意味であることがあります。これは「ベリーアップ」と呼ばれる行動で、特に子猫がやる行動と言われています。「これ以上近づいたら、怪我するぜ!」と相手を牽制したり、「かかってこい!」と挑発する意図があるそうです。 では、威嚇や挑発以外に猫がお腹を見せる理由を4つご紹介していきます! お腹を見せる理由1「かまってほしいから」 わざわざ飼い主さんの目の前でごろんとお腹を見せた時、「遊んで欲しい」「撫でて欲しい」と要求している可能性が高いです。お腹を見せるのと同時にくねくねとしていたら、存在をアピールしている合図と捉えることができますので遊ぶ時間をつくってあげましょう。 野良猫が近づいてきて突然お腹を見せることがありますが、これも「撫でて欲しい」と要求していることが多いです。 お腹を見せる理由2「信頼しているから」 猫の急所であるお腹を見せるということは、信頼している証。仲間であると思っているからこその行動とも言えるでしょう。 お腹を見せる理由3「リラックスしているから」 安心出来る場所でリラックスしている時にも、ひっくり返ってお腹を見せることがあります。この時は大抵自分の世界に入ってくつろいだり、日向ぼっこしている時ですので猫に触るのは控えておきましょう。脱力している時に突然なでられたら、びっくりしてしまいますからね。 お腹を見せる理由4「暑いから」 人と違って汗をかかない猫は体温調節をするのが苦手ですが、暑い時には体の熱を逃すために仰向けになることがあります。いわば仰向けになるのは、猫の中で数少ない体温調節をする方法なのです! 夏によく仰向けになっている他、体が暑くなっていればエアコンで室温を調節してあげましょう。ただ、猫は冷房があまり得意ではないので直接風があたらないように調整をしてあげてください。 お腹を触ると怒るのはなんで? 仰向けになっている猫に対して「リラックスしていて可愛い」と思って撫でたら、突然噛まれたりひっかかれたという経験をされた方がいますがこれはには理由があるんです! その理由は、お腹は猫にとって急所となる部分だから。内臓が集まっていてとても敏感な部分であるため、触られるのを嫌がる猫ちゃんが多いようです。愛猫が甘えてきた時には、お腹以外の場所を触ってコミュニケーションをとってあげましょう。 猫には猫の理由がある! 猫が怒るのは、相応の理由があるはずです。言葉で深いコミュニケーションをとることができない分、飼い主さんは猫の気持ちに寄り添ってあげてください。お腹を見せてくるのは、「飼い主さんが大好き」という証でもあります。愛猫とのコミュニケーションをかかさずに、深い絆を築いていってくださいね。

DOG

2021.02.16

犬がトイレトレーの上で寝る理由や心理。やめさせる方法はあるの?

愛犬がトイレトレーの上で寝ているのを見たことはありませんか?すやすやと寝ている姿は可愛らしいものですが、トイレの上で寝ているとおしっこの匂いや汚れが体についてしまって困りますよね。そこで今回は、犬がトイレの上で寝る理由やトイレの上で寝るのをやめさせる方法などご紹介していきます。愛犬がトイレで寝ていることに困っている方は、ぜひこの記事を参考に対策してみてくださいね。 犬がトイレの上で寝る理由は? ●トイレの上が寝やすいため トイレトレーに敷いてあるペットシーツの質感や感触が好きなため、トイレで寝るわんちゃんもいます。他にも、自分の匂いがして安心するためトイレの上で寝る場合もあります。 ●ベッドが快適ではないため 自分のベッドの寝心地が悪いと、ベッドから移動してトイレで寝ることがあります。ベッドの環境や室内環境を見直してあげましょう。 余談ですが、筆者宅で飼っている犬は暑い時期になるとトイレで寝ることがあり、部屋の空調を調節するといつも通りベッドで寝てくれます。普通に過ごしていると忘れがちになりますが、犬と人間では温度や湿度の感じ方が違います。季節の変わり目は特にこのことを意識するとお互い快適に過ごせるでしょう。 ●飼い主さんにかまってもらえると学習しているため 犬は学習能力が高くい動物です。トイレで寝ている時にかまってもらえた経験があると、「またかまってもらえる!」と思ってトイレで寝ることがあります。飼い主さんの気を引くためにかまってほしさからやっている行動と言えましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ついてくるのは大好きな証拠?犬が飼い主にやる甘えサイン5つ。 トイレで寝るのをやめさせる方法 ●生活環境やトイレの状態を見直す トイレで寝ている時は、部屋の温度や湿度は犬に適しているのかチェックしてあげましょう。犬が快適に過ごせる温度は23℃前後、湿度は50%〜60%ほどと言われています。エアコンや加湿器を利用し、快適な環境をつくってあげましょう。 また、自分の匂いがして落ち着くという理由でトイレで寝るわんちゃんもいるので、トイレ掃除やペットシーツの交換はこまめに行うようにすると良いでしょう。 ●犬にとって寝やすいベッドにしてあげる 犬はもともと穴蔵を寝床にしていた動物です。そのため狭い場所や暗い場所を好むわんちゃんもいます。ドーム型のベッドにしたり、体を包めるブランケットを用意すると、ベッドを気に入って寝てくれるかもしれません。他にも夏はひんやりした素材のベッドにするなど、季節にあわせた環境づくりもおすすめです。 ●トイレで寝ていても過剰にかまわないようにする トイレで寝ていても、抱き上げたり声をかけるのはやめておきましょう。反対に、ベッドに座っていたら褒めてあげると「ベッドにいると褒めてくれる!」と学習してくれるでしょう。 長い目で見守ってあげよう! 現在トイレの上で寝ているということは、何かしらの理由があります。原因や理由を把握して、わんちゃんの気持ちに寄り添ってあげましょう。トイレで寝ることが習慣づいている場合、やめさせるのに時間がかかるかもしれませんが長い目で見守ってあげてくださいね。