fbpx
HOME / COLUMN / 猫のやきもちサイン4つ。嫉妬されると嫌わ...

COLUMNコラム

CAT

2021.09.19

猫のやきもちサイン4つ。嫉妬されると嫌われる?

クールな印象がある猫ですが、猫を飼っている人の中では「ヤキモチを妬く可愛い面がある」と思っている方が多いようです。そこで今回は「猫が飼い主に対して嫉妬をする際の仕草を4つ」ご紹介していきます。
嫉妬をされすぎると思わぬ事態に繋がることもありますので、この記事を参考に愛猫にたくさんの愛を注いでくださいね。

猫はヤキモチを妬く動物?

ソファに座る猫

猫はヤキモチ妬きで、嫉妬深い動物と言われています。
基本的に単独行動を好む猫ですが、毎日自分のお世話をしてくれる飼い主さんには特別な感情を抱いている場合が多いのです。
特に子猫の時から片時も離れずに暮らしている場合、「飼い主=母猫」のような存在と認識していることが多く、嫉妬をすることがあります。

猫の嫉妬の対象は、新入りの猫・赤ちゃん・飼い主が夢中になっているものや人など様々。
自分に注目が集まっていないと、機嫌を損ねてしまう猫ちゃんもいます。

猫の嫉妬サイン1:飼い主に向かって鳴く

爪とぎの上で鳴く猫

猫は嫉妬の感情表情として、飼い主さんに向かって鳴くことがあります。
この際の鳴き声は、飼い主さんに何か伝えるかのように長めに「にゃーにゃー」と鳴くことが多いです。
「私はここにいるよ」「かまってよ」と自分の存在をアピールしているのです。

作業に夢中になっている時に猫が鳴いたら、嫉妬のサインかもしれません。
1度作業を行う手を止めて、猫にかまってあげると良いでしょう。

■こちらの記事も読まれています■
猫の鳴き声や鳴き方がいつもと違うのは不調のサイン?考えられる5つの理由?

猫の嫉妬サイン2:わざとイタズラをする

いたずらする猫

嫉妬をすると、わざとイタズラをする猫ちゃんもいます。
飼い主さんの注意を引こうと、わざと目立つようなことをするのです。

イタズラの種類は、猫によって異なります。
粗相をすることもあれば、物を落とすというようなことをすることも。

嫉妬のサインというだけではなく、「ただ暇だったから」という理由でイタズラをすることもあります。
この場合は体力が有り余っている可能性が高いので、おもちゃで遊ぶ・キャットタワーで遊ばせるなど軽い運動をさせてあげましょう。

猫の嫉妬サイン3:甘噛みをする

飼い主に甘噛みする猫

嫉妬の感情から飼い主さんを甘噛みすることもあります。
これは甘えたい欲求・かまって欲しい欲求が行動としてあらわされたもので、攻撃心から噛むのとは違います。

作業中や人と話している際に近づいてきてカプっと軽く甘噛みするようなことがあれば、怒るのではなく猫にかまう時間をつくってあげましょう。

■こちらの記事も読まれています■
突然噛み付く!愛猫が凶暴になった理由と対処法/もちもちブラザーズコラム

猫の嫉妬サイン4:飼い主の邪魔をしてくる

テレビを見ている時や新聞を読んでいる時、間にはいってきて邪魔をしてくる時は飼い主さんが夢中になっているものに嫉妬している可能性が高いです。
他にもパソコンで作業している最中に、突然キーボードに寝転ばれるなんていうこともあるよう。

1度作業は中断して、猫をなでてあげましょう。
猫の気が済んだら自分から別の場所に移動して、普段通り気ままに過ごしてくれるはずですよ。

言葉をしゃべることができない猫の気持ちに寄り添って、何を伝えたいのか行動をチェックしてあげましょう。

■こちらの記事も読まれています■
猫が大好きな人に行う8つの行動!信頼している証拠?猫からの「好きアピール」まとめ

猫がヤキモチを妬くと嫌われる?

覗き込む猫

飼い主さんにとって猫が嫉妬する姿やサインは非常に可愛らしいものですが、実は嫉妬をされすぎると飼い主さんに無関心になることがあるのです。
可愛いからといって嫉妬された状態で放っておくと、これまで築いてきた信頼関係が崩れてしまうこともあるので注意しましょう。

また、猫にとって嫉妬がストレスになることもあります。
嫉妬の感情を猫の中で押さえつける結果、
・問題行動を起こす(粗相や本気噛みなど)
・他の猫へ攻撃をする
・ストレスによる体調不良
・脱毛
・食欲不振

上記のような行動を起こしてしまうこともあります。

多頭飼いの場合、平等に愛情を注ぐことは難しいかもしれませんが、順番に愛猫の相手をしてあまり嫉妬をさせないようにしましょう。
新たに猫を迎える際には、先住猫を最優先にしてやきもちによるストレスをためないように注意してください。

■こちらの記事も読まれています■
11匹の猫と暮らすニャンスタグラマーが教える多頭飼いのコツ〜新入り猫編〜/もちもちブラザーズコラム

猫は嫉妬深い動物!

自由きままでクールな印象がある猫ですが、実は嫉妬深い動物なのです。
「猫はひとりが好きなはずだから放っておいても大丈夫」という誤った認識のまま猫と暮らしていると、飼い主さんも猫ちゃんもストレスになってしまう恐れがあります。
普段から愛猫の行動や仕草をチェックして、猫の気持ちに寄り添えるようにしてくださいね。

LATEST POST

最新記事

NEW,CAT

2022.06.22

降参じゃない!猫がお腹を見せる理由5つ。触ると怒るのはなぜ?

猫がお腹を見せる姿や仰向けで寝転ぶ姿を見たことはありませんか?猫好きの方の間ではへそ天と呼ばれるこのお腹を見せる姿は本当に可愛いものですが、お腹を触ったら噛まれたという経験をした方も少なくないでしょう。そこで今回は、猫がお腹を見せる理由やお腹を触ると怒る理由などをご紹介していきます。お腹を見せる猫の気持ちに寄り添う参考にしていただければ幸いです。 「猫がお腹を見せる=降参」じゃない!? 猫がお腹を見せる姿は、降参の合図と思っている方が多いですが、実はそうじゃないんです…!犬はお腹を見せて、敵意はないことを表すことがありますが、猫はその反対。仰向けのポーズは、威嚇の意味であることがあります。 これはベリーアップと呼ばれる行動で、特に子猫がやる行動と言われています。お腹を見せることで「これ以上近づいたら、怪我するぜ!」と相手を牽制する意図や、「かかってこい!」と挑発する意図があるそうです。 では、威嚇や挑発以外に猫がお腹を見せる理由を4つご紹介していきます! 猫がお腹を見せる理由1:かまってほしいから わざわざ飼い主さんの目の前でごろんとお腹を見せる時、「遊んで欲しい」「撫でて欲しい」と要求している可能性が高いです。お腹を見せるのと同時にくねくねとしていたら、存在をアピールしている合図と捉えることができますので遊ぶ時間をつくってあげましょう。 野良猫が近づいてきて突然お腹を見せることがありますが、これも「撫でて欲しい」と要求していることが多いです。 猫がお腹を見せる理由2:信頼しているから 猫の急所であるお腹を見せるということは、信頼している証。仲間であると思っているからこその行動とも言えるでしょう。 ■あわせて読みたい記事■猫が大好きな人に行う8つの行動!猫からの「好きアピール」まとめ 猫がお腹を見せる理由3:リラックスしているから 安心出来る場所でリラックスしている時にも、ひっくり返ってお腹を見せることがあります。この時は大抵自分の世界に入ってくつろいだり、日向ぼっこしている時ですので猫に触るのは控えておきましょう。脱力している時に突然なでられたら、びっくりしてしまいますからね。 猫がお腹を見せる理由4:暑いから 人と違って汗をかかない猫は体温調節をするのが苦手ですが、暑い時には体の熱を逃すためにお腹を見せることがあります。いわば仰向けになるのは、猫の中で数少ない体温調節をする方法なのです! 夏によく仰向けになっている他、体が暑くなっていればエアコンで室温を調節してあげましょう。ただ、猫は冷房があまり得意ではないので直接風があたらないように調整してあげてください。 ■あわせて読みたい記事■猫が暑い時に行うサイン5つ!快適に過ごせる温度は?暑さ対策まとめ 猫のお腹を触ると怒るのはなんで? お腹を見せる猫に対して「リラックスしていて可愛い」と思って撫でたら、突然噛まれたりひっかかれたりしたという経験をされた方がいますがこれには理由があるんです! その理由は、お腹は猫にとって急所となる部分だから。内臓が集まっていてとても敏感な部分であるため、触られるのを嫌がる猫ちゃんが多いようです。愛猫が甘えてきた時には、お腹以外の場所を触ってコミュニケーションをとってあげましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫は怒ると噛む?怒る時の仕草や威嚇のサイン4選 猫には猫の理由がある! 猫がお腹を見せる理由や、お腹を見せる猫を触ったら怒る理由などをご紹介しました。猫が怒るのは、相応の理由があるはずです。言葉で深いコミュニケーションをとることができない分、飼い主さんは猫の気持ちに寄り添ってあげてください。猫がお腹を見るのは、「飼い主さんが大好き」という証でもあります。愛猫とのコミュニケーションをかかさずに、深い絆を築いていってくださいね。

RABBIT

2022.06.21

懐いてる証拠?うさぎが好きな人にする行動4選!

ペットを飼っている人ならば「もっと懐いて欲しい」「仲良くなりたい」と思うこともありますよね?そこで今回は、うさぎが好きな人にする行動や飼い主に甘える仕草などをご紹介していきます。気持ちが分かりづらいと思われることが多いうさぎですが、この記事をチェックしてうさぎの気持ちに寄り添ってあげてくださいね。飼っているうさぎにこれからご紹介する行動をされた場合、あなたに懐いてる証拠と言えるでしょう。 うさぎが好きな人にする行動1:奥歯を鳴らす 声帯を持たないうさぎは、鳴くことで感情表現をすることが出来ません。しかし、鼻を鳴らす・歯をカチカチと鳴らすことで感情表現をすることがあります。 飼い主に撫でられた時やそばでくっついている時に歯を鳴らしたら、心からリラックスしており懐いてる証拠と言えるでしょう。ご機嫌で気分が良いサインですので、そのままうさぎとコミュニケーションをとってあげてくださいね。 うさぎが好きな人にする行動2:プウプウと鼻を鳴らす 飼い主にかまって欲しい時や遊んで欲しい時に、高い音でプウプウと鼻を鳴らすことがあります。これは好きな人にする行動で、甘えているサインでもあります。うさぎを優しく撫でたりとスキンシップをとってあげましょう。 他にも、撫でられて心地が良い時に甘えるように鼻を鳴らします。あまり大きな音を鳴らすわけではないので、耳を澄ませてうさぎの気持ちを聞いてあげてあげましょう。 ■あわせて読みたい記事■ うさぎの体調不良サイン!症状から考えられる病気は? うさぎが好きな人にする行動3:その場でジャンプをする うさぎを飼っている方の間では「うさジャンプ」とも呼ばれる行動です。 うさぎがジャンプをするのは、ご機嫌で嬉しいことがあった時。その場で勢いよく飛び跳ねたり、体をひねりながら飛んだりと、色々な飛び方をしてご機嫌なことをあらわしてくれます。これも懐いてる証拠で好きな人にする行動と言えますね。 うさぎが嬉しい気持ちでいると、飼い主さんも嬉しくなりますよね。ご機嫌な状態をキープできるように、居住環境には気を遣ってあげましょう。 ■あわせて読みたい記事■ うさぎが特定の人だけ噛む理由は?噛むのをやめさせる方法 うさぎが好きな人にする行動4:ヒクヒクする回数が減る/鼻をヒクヒクさせて返事をする うさぎは鼻を動かして匂いを嗅ぐことで、周囲の情報を得ようとします。そのため常に鼻をヒクヒクとさせていますが、飼い主さんのそばにいる時に鼻をヒクヒクさせる回数が少なくなることがあります。これは、警戒心を解いて懐いている証拠!「飼い主さんのそばにいると安心」と思って、情報収集のための匂い嗅ぎのスピードを少しゆるめています。 またとても懐いているうさぎの場合、名前を呼ぶと飼い主の方を見て返事をするかのように鼻をヒクヒクさせることもあるそうですよ。まさに好きな人にする行動ですよね。 他にも興奮している時や警戒している時やリラックスしている時など、鼻をヒクヒクさせる動きとうさぎの気持ちが連動することがあります。細かい部分までうさぎの様子をよく見ると、もっとうさぎの気持ちが分かるようになるでしょう。 ■こちらの記事も読まれています■ うさぎの不機嫌サイン3つ!鳴いたり噛んでくるのはどんな意味? 感情豊かなうさぎに寄り添って うさぎが飼い主さんに懐いてる証拠と思われる行動や、好きな人にする行動などをご紹介しました。うさぎは犬や猫のように大きな動きや鳴き声で感情表現をすることがないため、最初は気持ちが分からないと思われることがあるかもしれません。しかし、当たり前ですがうさぎにも喜怒哀楽の感情があり、一生懸命気持ちを伝えようとしてくれることがあります。うさぎと過ごす中でどんどん気持ちが分かるようになるはずですので、スキンシップなどのコミュニケーションを大切にしてうさぎとの暮らしを楽しんでくださいね。そうすれば好きな人にする行動をたくさんして、気持ちを伝えてくれるはずですからね。

CAT

2022.06.20

しっぽの動きから猫の気持ちが分かる!ぶんぶん振るのはどんな意味?

しなやかに伸びる猫のしっぽ。魅力的なチャームポイントでありながら、気持ちを表す部位になることをご存知でしょうか?犬がしっぽを左右に振るのは嬉しさを表す仕草として有名ですが、実は猫もしっぽで喜怒哀楽を示してくれていたのです!今回は猫のしっぽに注目。しっぽの動きから気持ちを紐解くべく、徹底解説していきます。 猫が嬉しい時の尻尾の動き ●しっぽを上にピンと立てる 嬉しいときや遊んで欲しいときなどにこの動きをします。ピンとしっぽを立てて近づいてきたら、甘えたい合図かもしれません。優しくなでてあげましょう。 猫が怒っている時の尻尾の動き ●しっぽの毛を逆立てて大きく見せる ●音が鳴るように大きくしっぽを動かす この動きをするときは、怒っている場合が多いです。なんらかの理由で苛立っていたり、不機嫌であったりするので、しつこく構うことなくそっとしておくのがいいでしょう。 悲しい時の尻尾の動き ●しっぽが下がっている ●足の間にしっぽをしまう 悲しい気持ちのときにこのような行動をします。何か粗相をして飼い主さんに叱られた後には、しっぽをだらんと下げる猫ちゃんが多いそう。 また体調不良の際に、しっぽをさげることもあります。長時間しっぽを下げている場合は、食事や排泄などの様子を見守ってあげてくださいね。 リラックスしている時の尻尾の動き ●しっぽを大きくゆっくりと左右に振る ご機嫌でリラックスしている証拠です。日向ぼっこなどしている時にこの動きをしたら、邪魔せずに猫の時間を満喫させてあげてくださいね。 そもそも猫のしっぽの役割とは? しっぽは感情を示すためだけにあるのではありません。 ●体のバランスを保つため●防寒のため など、生活する上で重要な役割を担っているのです。またしっぽは様々な繊細な神経と繋がっています。痛みを感じやすい部分ですので、むやみやたらと触らないようにしましょう! 可愛いだけじゃない猫の尻尾! 様々な働きをする猫のしっぽのご紹介でした。猫によって違いはありますが、ぜひお家の愛猫の気持ちに寄り添う参考にしてくださいね。クールな印象がある猫ですが、大好きな飼い主さんへ今日もたくさんの気持ちを届けてくれていますよ。小さな気持ちでも気づいてあげて、猫と一緒に楽しい暮らしを送りましょう。

CAT

2022.06.15

猫はしつこい人が嫌い?猫に嫌われる人の特徴5つ!

かわいがってやっている飼い主さんの行動が、実は猫にとって「されたらいやなこと」になっているかもしれません。そこで今回は猫に嫌われる人の特徴や猫がされたら嫌なことをご紹介していきます。かわいい愛猫に嫌われてしまう前に猫が嫌いな人の特徴をチェックしていきましょう。 猫が嫌いな人1:しつこい人 猫は基本的に自由きままな動物です。そのため、かまいすぎる人やしつこく撫でてくる人を嫌う傾向があります。 抱っこをした際に嫌がる仕草をする・撫でている途中でどこかに行ってしまう場合は、猫を追いかけずに放っておきましょう。遊んでいる途中などに嫌がる素振りを見せた時にも、猫から距離を置くのがおすすめです。 無理やりコミュニュケーションやスキンシップをとっていると、「しつこい人」と思われてしまい、嫌われる原因になってしまうかもしれません。 猫が嫌いな人2:大きな声の人 猫の聴覚は非常に優れているため、小さな音もキャッチして聞き取ることができます。だからこそその分、大きな音を苦手とする猫が多いです。大きな声で怒鳴る人・大きな物音を立てて動くような人は、猫に嫌われてしまうかもしれないので、猫がそばにいる時には大きな声で話すのを控えた方が良いでしょう。 またインターホンの音・救急車の音・花火の音など突発的に鳴る大きな音も苦手な場合が多いです。飼い主さんは猫がストレスをためすぎずに、安心して過ごせる環境を整えてあげましょう。 猫が嫌いな人3:タバコや香水の匂いがきつい人 猫は嗅覚も優れており、人間の数万倍以上鋭い嗅覚を持っています。そのため人間からすると良い香りやほどよい香りでも、猫にとっては不快な香りに感じてしまうことがあります。 ●タバコの匂い●香水の匂い●柑橘系の匂い●湿布薬などのメンソールの匂いなどが、猫の嫌いな匂いと言われています。 日常的にタバコを吸っている方や香水をつける方は、猫の鋭い嗅覚のことを気にしてあげるようにしてください。 猫が嫌いな人4:ヒゲや尻尾を引っ張る人 個体差はあるものの猫はデリケートな動物です。そのため触って欲しくない部位を触られると、相手に苦手意識ができて臆病になってしまう可能性があります。 猫が触られると嫌がる部位として、●しっぽ●ひげ●お腹●足先・肉球などが挙げられますが、個体差があるのでおうちの猫ちゃんの触られると嫌がる部分を見極めてコミュニケーションをとるようにしましょう。 また猫のしっぽや耳を強く引っ張ると、内臓にトラブルを起こすことがあります。体の小さな猫にとって、人との触れ合いは時に大きな負担になることもありますので、愛猫のことを考えて触れるようにしてください。 ■こちらの記事も読まれています■ 降参の合図じゃない!猫がお腹を見せる本当の理由5つ。触ると怒るのはなぜ? 猫が嫌いな人5:目を見つめてくる人 猫にとって目を見つめ合う行為は、威嚇や攻撃を意味します。飼い主さんから猫の顔を覗くようにまじまじと見つめるのは控えましょう。 また要求や甘えるサインとして猫から見つめてくる時もあります。猫の気持ちに寄り添って、何を求めているか見極めましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫が見つめてくる時はどんな気持ち?猫が目をあわせてくる4つの理由 猫が嫌いな人にする行動は? 猫は苦手な人や嫌いな人に対して、威嚇のような行動をすることがあります。●噛む・引っ掻く●シャーという鳴き声をあげる●耳を後ろに倒す●逃げる・姿を隠すなどの行動をすることがありますので、猫から威嚇や攻撃などの仕草をされた場合には距離をおき、かまいすぎないようにしましょう。 ■こちらの記事も読まれています■ 猫は怒ると噛む?怒る時の仕草や威嚇のサイン4選 猫に嫌われないように! 人間にとっては当たり前のような行動でも、猫にとっては不快感や恐怖を感じる行動であることもあります。飼い主さんは猫が嫌がることは避けて、しっかりと信頼関係を築いてください。