fbpx
HOME / SPECIAL CONTENTS / 絶対幸せにしたい。コロナ禍で出会った最愛の我...

SPECIAL CONTENTS

絶対幸せにしたい。コロナ禍で出会った最愛の我が子【interview Vol.06】

コロナウイルスが猛威を振るう中、とあるカップルの間で小さな男の子との幸せが育まれ始めました。幸せを生んでくれたのはフレンチブルドッグのルーク君。今回はそんな幸せの真ん中にいるルーク君の飼い主である香乃さんに愛犬との生活についてお話を聞きました。

2人と1匹。初めて出来た犬の家族

― わんちゃんの紹介をお願いします。

フレンチブルドッグのルークです。
フルネームはルーク・スカイウォーカーと言って、大好きなスターウォーズのキャラクターから名付けました。2020年3月14日生まれで、最近1歳になったところです。

― ルークくんを飼おうと思ったきっかけは?

以前タイでダイビングのインストラクターをやっていたんです。その頃、近所にフレンチブルドッグを飼っているご家族がいて。「フレブルってなんて可愛いの!」となったのが始まりで、いつか犬を飼いたいなと思っていました。

でも、今まで動物を飼った経験がなくて…。飼いたい、でも、ちゃんとお世話が出来るか不安と悩んでいるところで、コロナウイルスが流行りだしました。

それでお付き合いしている彼の仕事がリモートワークになったので、「もし飼うのなら、パピーからちゃんとお世話が出来る今じゃない?」という話になり、わんちゃんを迎えることを決めたんです。パピー期って大事な時期だと思うので、ゆっくりと時間をかけられる方が迎える子のためにもなるかなと思って。

私自身タイでフレブルに魅了されたのと、彼も昔から鼻ぺちゃ犬が好きということもあって、鼻ぺちゃ犬を目当てにブリーダーさんのサイトやSNSで「子犬が生まれました」という情報をとにかくたくさん見ました。その中でルークを見つけたんです。本当に顔がドンピシャ!とても良いタイミングで大切な子に出会えたと思っています。

― それでルーク君を迎えたんですね。

いえ、実はネットでルークを見つけてから実際にブリーダーさんのところへ見に行ったら、他のご家族に購入されていたんです。ルークに一目惚れしていたので彼と「どうしよう、この子が良いね…」と話して、どうにもならないことを分かっていながらも翌週同じブリーダーさんのところへ行ったら、先約していたご家族がキャンセルしていて…!

どうやらご家族のうちの1人に喘息が出てしまって、わんちゃんを飼えなくなったからキャンセルとなったらしいんですけど、これはチャンスだ!と思って迎えることになりました。

180度変わった生活、毎日が“初めて”の連続

― ルーク君はどんな性格ですか?

めちゃくちゃマイペースで、活発!ドッグラン大好きで、他のわんちゃんも人も大好きですね。

多分まだ小さいから恐怖よりも興味が勝っていて、色々なわんちゃんと仲良くしてくれています。フレブルの元々の性格もあるんだと思いますが、触ってくれそうな人にはすぐに寄って行って、人やわんちゃんに会える近所の公園がお気に入りです。

動物を飼うということが初めてだから、本当に毎日が楽しくて仕方ないです。コロナウイルスが流行ってから私自身人と話す機会が少なくなっていたので、ルークのおかげで色んな人と出会えました。すごい楽しかったな。ルークがいなかったら、もっと内向的になっていたかもしれません。

― ルーク君のおかげで変わったことがあったんですね。

そうですね、生活リズムも180度変わりました。今まで休日は家に引きこもっていることが多かったけど、今は朝起きるのがすごく早くなったし、夜寝る時は次の日に起きるのが楽しみになりました。

あとは休みの日の前日に天気予報を見て、この日はどこに連れて行ってあげたいなとか。ルークには色々な経験をさせてあげたいから。

わんちゃんも中に入ってOKな千葉にある香取神社まで小旅行した時の写真。
この時は秋で紅葉が綺麗!ルークは地面に落ちた葉っぱを追いかけ回して遊んでました(笑)。(香乃さん)

― 初めてペットを飼ってみて、驚いたことはありますか?

物覚えが良くて、頭が良いことに感心しました。トイレも少し教えたらすぐ出来るようになって。この世に生まれてまだ3ヶ月とかなのに、人間だったら出来ない!すごい!って当たり前のことかもしれないけど感動しました(笑)。

小さい時にしつけとして叱らなくちゃいけないこともあるけど、「この子はまだ3ヶ月とか4ヶ月しか生きてないのに怒れない…」とか思って(笑)。でもその分、お利口でちゃんと覚えてくれます。

あとルークが筋肉痛になった時はびっくりしました!

― え!?筋肉痛ですか?

そうなんです!緊急事態宣言が出た時にルークを迎えたので、パピー期に1度も他のわんちゃんと思うように触れ合いが出来ないのはやだなと思って…だから社会化も兼ねて、家の近くの犬の幼稚園に連れていったことがあったんです。どうやらそこで遊ぶのが楽しすぎたみたいで(笑)。
幼稚園から家に連れて帰ったらすぐ寝たんですけど、数時間後起きたらプルプル震えてて…。

フレブルはヘルニアになりやすいから、なっちゃったのかなってすごい心配で怖かったです。自分で立つことも出来なくなっていたので。

それですぐに病院に連れていったら、「筋肉痛」と言われました。子犬は自分の限界を知らなくて遊びすぎちゃうから、筋肉痛になる子がいるっていうのをその時病院で初めて知りました。

― ルーク君との毎日の習慣はありますか?

お散歩は毎日行っています。ルークはお散歩大好きな子なので、いつも2kmくらいは歩いています。全然帰りたがらなくて、こっちが散歩されているみたいな感じです(笑)。

4歳くらいになると段々と落ち着く子が多いと聞いているので、体力が有り余っている今を楽しみたいなと思ってます。必ず「ルーク今日はどっちにいく?」って聞いて、ルークの行きたい方へ行ってあげています。

あと習慣にしていることの1つで、シワの掃除!涙やけがひどいので、ウエットティッシュで拭いてます。犬ってこんなにケアをしなくちゃいけないことが多いって、飼って初めて気付きました。抜け毛も多いし、こんなに大変だったんだ!っていう感じです。

ルークを迎える前からも結構調べてはいたんですけど、正直その時にも気持ちが揺らぎました。本当に迎えていいのかな、私にちゃんとお世話出来るかなって。でもこの子の顔を最初に見た時、「絶対一緒に過ごしたい」なって。その気持ちの方が勝って今に至ります。

― ルーク君と過ごす中で嬉しかったことは?

初めての散歩は、嬉しかったし楽しかったです。家の中で事前に散歩の練習をしていたので、一緒に外に出られた時は「待望の!」って思って嬉しかったな。

初めて犬を飼うから、ルークにとっても私にとっても初めての経験が多い。だから毎日が心から楽しいです。

愛おしい幸せをくれる存在

― コロナが流行して外出自粛になったことがきっかけで、ルーク君を迎えたんですよね?

そうですね。昔から飼いたいとは思っていましたが、最終的にはコロナがきっかけです。

― ニュース等で「コロナ禍でペットを迎えたけど、想像と違って飼育放棄した」と報じられるのを目にするようになりましたが、どう思われますか?

命を軽く思っている人が多いんだって、悲しくなりました。そういうニュースを見ると複雑な気持ちになります。かわいそう。

ペットを飼うこと自体は素敵なことだし、おすすめしたいけど…。やっぱり勢いで飼ったりするのはダメだよって伝えたいです。

「可愛いから」「安かったから」とかただそういうことじゃなくて、迎えるならちゃんとお世話しなくちゃ。正直お金もかかるしお世話も大変だけど、それ以上に幸せをくれる存在ですから、ペットって。

ルークを迎えてまだ1年だけど、1年があっという間!本当に楽しかったし、ルークが何か出来た時にはハッピーになれる。幸せをすごいもらっています。

コロナで気分が下がっていて落ち込むこともあったけど、それ以上にルークからは色々なものをもらいました。

「愛してる」とたくさん伝えたい

― ルーク君と話すことができたら何を話したいですか?

話せる時間が限られていたとするのなら、「愛してるよ」ってたくさん伝えたいです。

あとは、何している時が幸せか聞きたいですかね。散歩だったり、遊んでいる時だったり。「昼寝が好きだから邪魔しないで」って思っているのかなとか。なにが幸せか聞いて、それを一緒に大事にしてあげたいな。

「うちに来てくれてありがとう」っていうことも伝えたい。ルークは最初他の家族のところで飼われる予定だったから、その人たちよりも絶対に幸せにしてあげなくちゃって思います。「ここじゃなくてあっちいけばよかった」ってルークが思わないように。

― ルーク君はどういう存在ですか?

自分の子供っていう感じです。この前少し大きな地震があった時も、自分よりルークの安全を!って思ってすぐ抱っこしました。

本当にめちゃくちゃ大事な存在。だから今の人生をとにかくハッピーに過ごして欲しいです。これからも家族としていっぱい愛を与えてあげたい。

インタビューを終えて

始まったばかりの三人暮らし、香乃さんからは本当に楽しんでいる様子が伝わってきて、私たちまでなんだかワクワクさせられました。
香乃さん、改めてインタビューに応じてくださりありがとうございました。
これからもルークくんと幸せな毎日を過ごせることを願っています。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
次回のインタビューもどうぞお楽しみください。

▼interview Vol.07
キックボクサー小西拓槙が守りたい存在、愛犬ロイグがくれるもの

レビーズ編集部より

香乃/Kano<br>飲食店勤務
PROFILE

香乃/Kano
飲食店勤務

ルーク・スカイウォーカー/Luke Skywalker
フレンチブルドッグ

2020年3月14日に誕生した後、5月22日に家族として迎えられ、ルークと名付けられる。チャームポイントは他のフレンチブルドッグよりも少し長い胴。好きなことはお散歩。

Instagram:
https://www.instagram.com/luke0314/

YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCY_2-Xl3HkXNE1hezTL56Qg