fbpx
HOME / SPECIAL CONTENTS / 編集長むーinterview Vol.02...

SPECIAL CONTENTS

編集長むーinterview Vol.02

<前編>

Levees「編集長むーinterview」。第2回は福岡県で料理人として働くしゅん坊さんと豆柴のまめ太くんです。ふたりの住む福岡県天神でお話を聞かせていただきました。前編・後編となっていますので、お楽しみください。

“「男同士」ふたり暮らし”

ーはじめましてLeveesです。自己紹介をお願いします。

しゅん坊と言います。
そして愛犬のまめ太です。男の子で誕生日は2月28日。もうすぐ4歳になります。

ーしゅん坊さんはずっと福岡にお住まいですか?

いえ、僕は佐賀県の嬉野市(うれしのし)が地元で、専門学校への進学を機に18歳から福岡に来ました。

ー昔からわんちゃんなどの動物は飼っていたんですか?

何も飼っていなかったです。兄貴がアレルギーでペットを飼えなくて…大人になって一人暮らし始めたら「犬を飼いたい!」と思っていて。昔からの夢が今は叶っています。
動物はずっと好きでした。小さい頃に従兄弟が犬を飼っていて、その犬がすっごい可愛くて!「いいなーいいなー」ってよく言っていたのを覚えています。
だからですかね、「絶対に飼えない」と思うと余計に「飼いたい」という思いも強くなっていって、大きくなったら絶対飼おうと思っていました。

ーまめ太くんとの出会いのきっかけは?

ずっと飼いたいっていう夢があったので、一人暮らしを始めてペットOKの賃貸を借りていたんです。でも、学校とか経済的な理由もあって…しばらく飼うのを耐えていました。それで「もうそろそろ飼ってもいいかな」と思ったのが3年前で。
まずは見るだけでもいいからと、ペットショップに行ってみたらそこにまめ太がいたんです。「うわあ…!」って自分の中で感情が盛り上がって(笑)
今思うとまさに一目惚れですね。すぐに「この子だ!」と思いました。そこで運命的に出会った感じですかね。

「まめ太!」としゅん坊さんが呼ぶと、嬉しそうな顔をして反応するまめ太くん。

ー出会って3年経ってどうですか?

ものすごい元気の一言で。性格はやんちゃ坊主って感じです!
THE男の子という感じなので、このままずっとやんちゃ坊主でいてほしいなあと。まめ太と男ふたりでの生活をすごく楽しんでいます。

ー男同士の生活はどのような感じですか?

飲食業なので家を出るのが早くて、でも帰るのは遅くて…。
帰ってきたら散歩に出かける感じですね。
本当はもっと一緒にいれたらと思うんですけど。

でもだからこそ、休みの日はふたりで一緒にいます。ごろごろして、昼過ぎに散歩に行ってますね。よく行く公園があるんですけど、そこで好きなだけ遊ばせています。

笑顔いっぱいでインタビューに答えてくださったしゅん坊さんですが、「本当はもっと一緒にいれたら」とお話しした時に見せた寂しそうな顔がとても印象的でした。

“一緒に、いつまでも”

ーふたりで暮らす中で苦労することなどありますか?

苦労というわけじゃないんですけど、びっくりしたことがあって…
いつも仕事に行く前に、まめ太にはケージに入ってもらってから家を出るんですけど、ある時帰宅したらケージが空いていて…!色々と噛んでしまって、部屋がもうめちゃくちゃになっていたことがありました。

ひとりの時間が多いので、ストレスがたまっちゃったんだなあと思ってちょっと辛かったですね…
あと特にはないんですけど、たまにペットシートの上じゃなくて、部屋でおしっこを失敗するぐらいです。それ以外はないですかね、楽しく暮らしています。

ー普段はケージの中に入ってもらっているんですね。

やっぱりひとりにする時は、入れとかないと不安ですね。万が一、部屋の中で怪我でもしたら本当に心配なので。
もちろん、一緒のときはケージの扉を開けて自由に過ごしていいよ!という風にしています。

犬を飼うってなる前にずっと「一緒に寝ること」に憧れがあったので、1度僕のベッドに連れて行って寝たことがあったんですけど、朝起きたら隣にいなくて、普通にケージの自分のベッドで寝てました(笑)
多分ケージの中が落ち着く場所ってなっているので、安心する場所に移動したんでしょうけどね…僕の本心は寂しかったですよ!(笑)
男同士仲良く寝たかったな〜。
映画のワンシーンのように朝、顔舐められて起きるみたいなことをしてみたかったです(笑)

ー好きなおもちゃや遊びはありますか?

買ったばかりのおもちゃは食いついてくれるんですけど、すぐに飽きちゃうんです。
でも、前にひとりで飽きずにめちゃくちゃ遊んでるなって時があったので、『あ、今回のおもちゃは気に入ってくれたんだ!』と思ったら、遊んでいるのは僕の靴下で!(笑)ずっと噛んで遊んでるんですよ、それも全然離さなくて。穴があくまで何日も遊んでましたね。
多分どっからか引っ張り出してきたんだと思います。
飼い主の匂いがすると安心するとどこかで聞いた事があったので、靴下はボロボロになりましたけど、なんだか嬉しかったです。

ー本当にやんちゃ坊主って感じですね。

そうですね、やんちゃ坊主ですね(笑)
でもそれも全部ひっくるめてまめ太なので、このままでずっとやんちゃ坊主でいてくれれば嬉しいです、この元気がなくなったら寂しいですから。

前編インタビューを終えて

飼い主とペット…?というよりも、まるで仲の良い男友達を見ているようでしたね。インタビュー中に何度もまめ太くんにアイコンタクトをしている姿が「な?そうだよね?」と隣にいる友達に話しかけているようで、ふたりの仲の良さが滲み出ていました。後編ではより深くしゅん坊さん自身のことやまめ太くんへの思いを伺いました。どうぞお楽しみください。

▼後編はこちらから
編集長むーinterview Vol.02|僕の相棒、まめ太<後編>

Levees編集部より

しゅん坊/Shun-bou
PROFILE

しゅん坊/Shun-bou

1994年1月8日生まれ
佐賀県出身、福岡県在住

愛犬のまめ太くんと3年ほど前から一緒に暮らし始める。小さな頃から動物と料理が大好きで、現在はまめ太くんと暮らしながら料理人として働く。趣味は古着屋巡りと帽子集め。