fbpx
HOME / GOODS / 猫の短歌を詠む猫歌人・仁尾智さんのnot...

GOODS

商品紹介

NEW

猫の短歌を詠む猫歌人・仁尾智さんのnoteが『これから猫を飼う人に伝えたい11のこと』として書籍化!8月5日に発売

メディアプラットフォームnoteで猫歌人の仁尾智さんが投稿した記事をもとにした書籍『これから猫を飼う人に伝えたい11のこと』が8月5日(木)に発売されます。
『これから猫を飼う人に伝えたい11のこと』はnoteの記事を原案として展示会を行なった仁尾さんが、その展示内容をまとめた冊子に加筆修正を加え、再構成したものとなっています。

猫との暮らしの心がまえが綴られたエッセイ

多くの猫と暮らしてきた猫歌人・仁尾 智さんが、これから猫を飼う人に伝えたいことを11の短歌と短いエッセイで綴ります。
人気イラストレーター・小泉さよさんの水彩画は全て描き下ろし。

著者・猫歌人・仁尾智さん

1968年生まれ。猫歌人。1999年に五行歌を作り始める。
2004年「枡野浩一のかんたん短歌blog」と出会い、短歌を作り始める 。
短歌代表作に『ドラえもん短歌』(小学館文庫)収録の《自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった》などがある。
『猫びより』にて「猫のいる家に帰りたい」、『ネコまる』にて「猫の短歌」を連載中。
著書に『猫のいる家に帰りたい』(イラスト・小泉さよ)。

仁尾智さんのコメント

2015年の猫の日、noteに投稿したメモ書きのような文章が、6年以上の歳月と大幅なリニューアルを経て、このたび書籍化されることになりました。こんな、わらしべ長者(全然「長者」ではないけど)みたいなこと、あるんだな……。
本書は、猫との暮らしの心がまえみたいなものを、11のテーマに沿って、エッセイ・短歌、小泉さよさんの描き下ろしイラストで綴った絵本のような、歌集のような、画集のような本です。いつでも手の届くところに置いてもらって、何度も何度も開いて眺めてほしい。

イラスト・小泉さよさん

1976年生まれ。おもに猫を描くフリーイラストレーター。
著書 に『猫ぱんち―二匹の猫との 暮らし―』『もっと猫と仲良くなろう !』『さよなら、ちょうじろう。』『うちの猫を描こう! 』『猫のいる家に帰りたい』等。『猫びより』の連載「猫のいる家に帰りたい」では絵を担当。

これから猫を飼う人に伝えたい11のこと

■ これから猫を飼う人に伝えたい11のこと ■
著者:仁尾智/小泉さよ
購入はこちら:楽天ブックス