fbpx
HOME / GOODS / 映画『犬部!』のモデルになった奇跡の獣医...

GOODS

商品紹介

BOOK

映画『犬部!』のモデルになった奇跡の獣医師・太田快作の生き方に密着した書籍『犬は愛情を食べて生きている』

フジテレビ系『ザ・ノンフィクション』「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~」で、その生き方が大きな感動を呼び、また、2021年7月公開の映画『犬部!』で、主人公のモデルにもなった東京・杉並「ハナ動物病院」の太田快作院長
型破りでありながら、動物愛・犬愛にあふれた半生に迫った感動のノンフィクションが、6月30日に発売されます。

犬部誕生秘話や彼が愛してやまなかった犬「花子」とのエピソードも

 東京・杉並区の「ハナ動物病院」で院長を務める太田快作氏。
太田氏は北里大学に在学中、獣医科大学で必須とされていた「外科実習」に真っ向から異議を唱えた。
実習によって動物は命を落としてしまうからだ。
「一匹も殺したくない」という強い意思のもと、欧米の大学で一般的な「動物実験代替法」を導入して、自ら実践する。
『犬は愛情を食べて生きている』は、やがて太田氏を中心に、彼に賛同する学生たちで「犬部」が生まれ、動物の命を大切にする彼の主張が、獣医科大学でしだいに主流になっていく――
そんな太田氏の生き方と、動物愛護・動物医療の実態、彼が愛してやまなかった犬「花子」との出会いと別れのエピソードを織り交ぜながら描きます。

愛猫家・愛犬家としても知られる女優の石田ゆり子さんもおすすめ

「あきらめない。そして行動する。その原動力は、動物たちへの愛。
本当に感動しました。
わたしもそうありたい。快作先生ありがとう。」
――女優の石田ゆり子さんも、この犬は愛情を食べて生きているの帯にコメントを寄せています。

著者は『犬部!』の脚本も担当した映画監督で作家の山田あかねさん

7月22日(木)には、若き日の太田氏を描いた映画『犬部!』も公開。
太田氏の役は、若手実力派俳優・林遣都さんが演じます。
著者は、「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~」で太田氏に密着し、『犬部!』の脚本も担当した映画監督で作家の山田あかねさん
 この夏、あなたに爽やかな感動をお届けします。

山田あかねさんプロフィール

山田あかね(やまだ あかね)東京都生まれ。映画監督・作家。映画『犬に名前をつける日』(2015)、フジテレビ系『ザ・ノンフィクション』の「生きがい 千匹の猫と寝る女」(2015)「犬と猫の向こう側」(2018)「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~」(2020)、著書『犬に名前をつける日』(キノブックス・2015)、『犬と猫の向こう側』(扶桑社新書2018)など、犬と猫の命をテーマにした映像作品・書籍を数多く手がける。「犬と猫の向こう側」では、「放送文化基金賞」優秀賞を受賞。本書の太田快作氏が主人公のモデルとなった映画『犬部!』では、脚本を担当。『映画小説版 犬部!』(朝日文庫)も手がける。

■ 購入はこちらから ■
犬は愛情を食べて生きている :楽天ブックス