fbpx
HOME / FEATURE / 日本初!ペット用オンライン相談・診療シス...

FEATURE

特集

PICKUP

日本初!ペット用オンライン相談・診療システム“みるペット”今春よりサービス開始!

株式会社みるペットは、動物や飼い主様を動物病院とインターネットで繋ぐ、オンライン相談・診療システム「みるペット」を、今春より、まずは東京都を中心にサービスを開始致します。 お好きな時間に予約をすることで自宅にいながら、かかりつけの動物病院や先生にリアルタイムにて相談することが可能になります。

開発の背景

 近年犬猫の飼育頭数は減少傾向にあります。2018年、犬は約890万頭、猫は約965万頭とそれぞれピークの2008年と比較して犬は約31.6%、猫は11.5%減少しています。(一般社団法人ペットフード協会 全国犬猫飼育実態調査参考)
 一方、寿命が延びることによって高齢期と言われる7歳以上のペットの数は現在ピークを迎えており、腫瘍や慢性疾患などを抱え動物病院を必要としている動物は増加しています。
 また、動物病院を利用している割合は犬で約60%、猫で約30%ほどと推定(ワクチン接種率などから当社推定)されますが、必要性はあるが、動物病院を利用できていない動物が数多くいます。その理由には、動物の医療や健康に関する適切な情報が足りていない、忙しくて来院する時間がない、動物を連れていく交通手段が無いなどが考えられます。
 このような中で、動物たちの健康に必要な情報や医療へのアクセスのしやすさをどう向上させられるかを考え、オンライン相談・診療システム「みるペット」を開発致しました。

 「みるペット」の開発にあたり、インターネットからリアルの動物病院へのコミュニケーションをいかに増やせるかを重視しました。既存の相談サービスですと、インターネットから先に繋がりづらく、相談も一般的なものに留まっていました。顔の見える獣医師に相談できるからこそ安心して利用でき、具体的な相談が可能となり、さらには必要な場合には来院や往診に繋がると考えております。

「みるペット」ご利用の流れ

予約、相談(診察)、決済、(配送がある場合は宛名の印字まで)をみるペット上で完結することができます。

「みるペット」のメリット

株式会社みるペットについて(https://mirpet.co.jp/

 「みる」にはいろいろな意味があります。「見る」、「診る」、「看る」・・・ 私たちは、動物たちの健康を見守りたい。 動物病院と患者様の架け橋となり、診察や看病をサポートする会社でありたい。 そんな想いを込めました。 ロゴデザインは、動物が獣医療者・飼い主様と手を取り合っている様を表し、3者の協力の重要性を表現しています。
 「動物と家族、そして健康を守る動物病院の想いを一つに」という理念のもと、私たちみるペットは、動物と飼い主様が健やかな生活を長く送ることができるように、より良い予防・医療サービスを受けることができる環境作りを目的として、動物医療業界の効率化と利便性の向上を目指します。
 2019年11月、当社のオンライン相談・診療システム“みるペット”は、公益財団法人東京都中小企業振興公社の事業可能性評価 評価事業となり、さらなるサービス開発に努めてまいります。

INFORMATION

株式会社みるペット

「みる」にはいろいろな意味があります。「見る」、「診る」、「看る」・・・ 私たちは、動物たちの健康を見守りたい。 動物病院と患者様の架け橋となり、診察や看病をサポートする会社でありたい。 そんな想いを込めました。 ロゴデザインは、動物が獣医療者・飼い主様と手を取り合っている様を表し、3者の協力の重要性を表現しています。
 「動物と家族、そして健康を守る動物病院の想いを一つに」という理念のもと、私たちみるペットは、動物と飼い主様が健やかな生活を長く送ることができるように、より良い予防・医療サービスを受けることができる環境作りを目的として、動物医療業界の効率化と利便性の向上を目指します。
 2019年11月、当社のオンライン相談・診療システム“みるペット”は、公益財団法人東京都中小企業振興公社の事業可能性評価 評価事業となり、さらなるサービス開発に努めてまいります。